ドーン・オブ・ザ・デッド  ゾンビがいっぱい!





ジョージ・ロメロ作品のリメイク。

巨匠のオリジナルを観ないで、こっち先観る、私が不届きものなのはよくわかっています。偶然、これを観るチャンスに恵まれたので、というか、ひとんちにあったの、勝手に観たんだけど。


あ、ちなみに、全然こわくなかったです。あんまりこわくなくても、ドキッとさせられるのは好きじゃないんですが、ドキっての1、2回しかなかった。

というか、どう語っていいのかわからない。オリジナルを観ないときって。これはいい!と思ったシーンがあっても、それがオリジナルなのかどうかわからないし。

ま、そういうこと気にせずに、テキトーに。ネットその他の情報をまったく入れずに。





公開前にCM予告編は観た記憶あり。残念ながら、一番イケテルシーンが、予告にあった・・・たしかに、あれを予告で観たときは、おお!と思った。ただ、問題は、あのシーンがオリジナルにあるのかないのか・・・。

そのシーンはモールから脱出するシーンなんですけど。あのゾンビたちに囲まれるシーンはすごい。マジでいい。というか、一番イケてるシーンを予告で見せちゃイカンでしょ。まあ、このへん予告を作る人にとってはジレンマなんでしょうけど。


というか、リメイクの意味って何よ?

・すでに成功した話でもう一回金儲け
・オリジナルが描ききれなかったところを是非!(ってそんなリメイクあったか?)
・文化・社会批判的なところや、ややこしいところをばっさり捨ててエンターテイメントに徹する
・外国映画を自国映画で作り直す

三つ目が多いのかな?三つ目と四つ目はほとんどいっしょだったりするけど。フランス映画をアメリカ映画に!ってのが多いかな。フランス映画のややこしいところをどっかやっちゃって、作品のプロットだけいただいて、ただのエンターテイメントにしちゃうみたいな。

そーいや、フランスのエンターテイメント映画→アメリカ映画ってのもあった。しかも、同じ俳優で。ジャン・レノ。ジャン・レノが英語でしゃべってるだけ。で、オリジナルの方が普通におもしろいし。ったく、なにがやりたいんだかさっぱりわからん。字幕や吹き替えがイヤダってだけなのかな。

ちなみに、このオリジナルはなかなかおもしろい。爆笑しました。日本タイトルは「ビジター」。(どっかのエイリアンものっぽいですけど。) 内容は、中世から20世紀のフランスへとタイムスリップしてしまった伯爵とその下僕がドタバタやらかす話です。


音楽の話だけど、ボブ・デュランの「ノッキン・オン・ザ・ヘブンズ・ドア」をクラプトンがカバーして、その後、ガンズ・アンド・ローゼスがまたカバー。一番最初に知ったのがガンズの曲だったせいなのかなんなのか知らんですが、一番カッコいいのがガンズの。次がクラプトン。一番ヘボイのがオリジナルだったり。

そーいや、最近CMで流れてる、ネバー・エンディング・ストーリーの曲もリメイクですねえ。


で、「ドーン・オブ・ザ・デッド」なんですが、ときどきウケるシーンがあるのですが、これもオリジナルにあったりするのでしょうか?実はロメオ作品一個しか観てないので、しかもずっと前なんで、あんまりどういう雰囲気だか覚えてなかったり。いや、ウケるといっても、ブラックなんですけどね。

あと、パニックもの、サバイバルものでは、嫌な奴が必ずいるんですが、嫌な奴はサクっとやられるか、途中からいい奴になって、ヒロイックな最後を遂げたりしますよね。この映画では、後者のタイプの奴が出てきたんですが、オリジナルではどうなんでしょう?ロメロ様はそういう安易なことやる人なんでしょうか?

ちなみに、サバイバル物で予想外に傑作だったのが、「ディ-プ・ブルー・シー」ですよ。人食いサメの話ですが。



で、いまさらながら、ゾンビさんたちの足がやたら速いんですけど・・・いいんですか?


「28日後」のゾンビも足速かったもような。





そーいや、阪神優勝で暴れてた連中がタクシー襲ったようだけど、タクシー内からの映像見たら、おまえら!ゾンビか!ってかんじだったな。

日本人もゾンビ化してんのかな?
[PR]
by mudaidesu | 2005-10-02 01:33 | 映画


<< 資生堂マキアージュCM曲 メインページ 怒鳴ることを覚えてしまった山本一太 >>