映画 「青い車」  ARATA 宮崎あおい


観ましたよ。宮崎あおい作品。宮崎に注目、とか言いながら、たいして注目してなかったんで。ちゃんと観はじめましたよ。今回は「青い車」。







内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

よしもとよしともの原作コミックを、ARATAと宮崎あおい、麻生久美子の共演で映画化。ある過去の体験により虚無的に生きる青年・リチオは、ある日恋人・アケミの妹・このみと関係を持つ。その後、予想外の悲劇に見舞われたリチオとこのみは旅に出る。







深夜ドラマっぽい。安っぽい。たけし映画っぽいかな、と思いながらも、たけし映画マイナス鋭さ、って感じかなあ。と思いながら見始める。いろいろ意図してんだろうけど、ただの深夜ドラマっぽいなあと。そうそう、「ナイトヘッド」だよ!ナイトヘッドっぽい。

たけしの映画っぽいというのは映像もそうなんだけど、ただ、青い車が「ソナチネ」っぽかったり。車が走ってる映像が「その男凶暴につき」に出てくるようなかんじだったから。

おもしろくもないし、たいして緊張感ないんだけど、それでも、普通に見れる。音楽の使い方はなかなか好き。ヘタクソのライブの使い方も効果的。

主役のARATAがボクシングの徳山に見えてしかたがない。我ながら貧困な想像力。ARATAは悪くないんだけど、役柄がありがちすぎで・・・。ぶっきらぼう、微妙にひねくれ、やさしいとこもあったり、心に傷、みたいな。というか、もう日本映画でこういうキャラあきた。余程うまく見せないと迫ってくるもんがない。田口トモロウは普通。麻生は最初はうざっ、だったけど、普通にこなしてた。ほっとした。広末に似すぎ。

宮崎あおい。アマゾンで、

麻生久美子さんと奥原監督のファンで、このDVDを購入しました。この作品を麻生久美子目当てで買ったのですが、映画を見終わったとき、宮崎あおいファンになってしまいました。宮崎あおいさんは、思春期の女性の機微が表現できる年齢になってきてこれからが非常に楽しみです。

と、好意的な感想を見つけましたけど、まあ、普通ですねえ。たいしたこと要求されてないし、役柄も普通だし。ま、日本の若い女優で一瞬でも「うざっ。へぼっ」と思わせない人はいないですからねえ。そういう意味では稀有な存在でしょうか。(そういえば、「サトラレ」で内山理名が予想外に見れた。ほんとに意外。もちろん、鈴木京香はすごいし、普通にいい俳優。)いや、宮崎を評価してるからこそ、できるだけ客観的に見ようとしてるんですよね。贔屓にならないように。

宮崎あおいは目ですね。「ユリイカ」では話せない少女役だったけど、あの目ですごい魅力を出してた。目の力、ですよ。力。というか、ときおり鳥肌立たされるんですけど。この人の目。この「青い車」でも二度ほど背筋が凍った。


映画は、半分無気力、それでも小さな幸せを見つけたり、そういう最近の若者たちを素朴に描いてる。パッとしない人生を楽しく明るくじゃなくて、パッとしない人生を素朴に。それなりに悩みながら、でも絶望するわけでもなく。浅く浅く。終わり方も浅く浅く。ARATAの(心の)傷の話はあんまりはまってなかった。やりたいことはわかるけど、いいよ、別に、って感じで。いらないよ。

まあ、パッとしないんだよねえ。おもしろくもないし、さわやかでもないし、美しくもないし、ギスギスして鋭いわけでもないし、なんだかなあ、と。この映画つくってどうすんの、って。そういう映画は腐るほどあんだけど。その中ではマシなんだけど。変にキバりすぎず、しつこすぎずってのは良かったけど。

なんかだるい。映画の中身のせいじゃなくて、この映画の存在のせいかな。よくわからないけど、なんかだるい。自分の映画の選び方が悪いような気がする。いい映画は観たいんだけど、いい映画を観ようと思って選んでないんだよね。「興味がある」「チェックしてみたい」映画を選んでるんだよね(それも間接的に「いい映画」をってことになるのかもしれないけど)。だから、たいして期待しないで観れるという利点はあるんだけど、たいしていい映画に出会えなかったり。いい映画なら、昔の巨匠の作品を片っ端から観ればいいわけなんだけど。




映画  NANA    中島美嘉 宮崎あおい
[PR]
by mudaidesu | 2005-10-13 11:27 | 映画


<< 花王アジエンス  チャン・ツィ... メインページ 野宮真貴イデオロギー  jus... >>