ズレ―タとロッテ


こいつが日本に来た年、こいつを試合ではじめて見たとき、
ああ、こりゃ、クルクル扇風機になってすぐ帰るな、テキトーな奴そうだし、
と思ってしまいました。

ズレ―タさま、ごめんなさい!!!

土下座します!!!


でも、ロッテ応援してんだけど。

だって、ロッテですよ。ロッテ。
子どものときは、ロッテって言っただけで、ぷっ、ですよ。みんな。
ださい、しょぼい、へぼい、の代名詞でしたよ。
まだ、哀愁とかそういうのを味わう感性が育ってないころ。

ロッテ、といえば、「アベック」のラブシーンですよ。
それくらいしか、いい(?)イメージなかったっすよ。


そんなロッテがいまや・・・涙涙涙
[PR]
by mudaidesu | 2005-10-17 00:05 | スポーツ


<< 共産党は最も愛国的な政党だ!  メインページ 国家の罠  佐藤優 >>