ザ・伝説 すばらしきニッポンネタ映画


誇り高きニッポン人」で日本をネタにしたアメリカのC級映画にほんのちょっとだけ触れましたが、ナイスな作品を一つだけ紹介。こういうナイスな作品はたくさんありますが、有名どころということで、これを。




















出演がドルフ・ラングレンとブランドン・リーです。どっちも僕の好きな俳優です。ドルフ・ラングレンはあの「ロッキー4」のドラゴです。その後はあまりパッとしませんが。元空手のヨーロッパチャンピンだとか。博士号も持ってるようです。

ブランドン・リーはもちろんブルース・リーの息子です。「クロウ」で遂にスターになるかと思いきや、「クロウ」の撮影中に死んでしまいました。お父さんと同じ死に方です。撮影中に間違って銃で撃たれて死ぬって、なんなんでしょうか?よくわかりません。詳しい話は知りません。アメリカって不思議なところなんですね。「クロウ」はとっても好きな映画ですし、彼もいい味出してたんでほんとに残念です。

紹介と言っても、ちょっと検索してみたら読みやすいレビュー書いてる方がたくさんいましたので、そちらを見てください(笑)。とりあえず、丁寧でわかりやすくお勧めのを一つリンクしときます。しっかり見るように。ニッポン人の権利であり義務でもあります。


リトルトウキョー殺人課  前編 
http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/18275493.html
後編  
http://blog.livedoor.jp/textsite/archives/18275867.html


このレビューはキャプチャー画像つきで超丁寧に紹介してますんでマジで必見。ポイントはほぼ全部おさえてあります。ずっと前にこの映画観たんで、忘れてるところもありましたが、じわじわと感動が蘇ってきました。一応、4、5回はこの映画観てるんですが・・・。はずかしい・・・
[PR]
by mudaidesu | 2005-11-20 21:57 | 映画


<< 高橋尚子  メインページ 誇り高きニッポン人!? >>