高橋尚子 


せっかくなので、高橋尚子についてちょっとだけ。

高橋尚子の走りはかっこいい。ほんとかっこいい。スパートの瞬間なんて鳥肌が立ちまくる。今日のレースでもそうだった。いきなりのスパートだから、テレ朝はその瞬間を逃してしまった。アホ。高橋ももう終わりかなあと思っていたが、あのキレ味はすごい。やはり高橋はさすがだった。


高橋が優勝、2年前の雪辱果たす 東京国際女子マラソン  朝日新聞
http://www.asahi.com/sports/update/1120/091.html

おかえり!尚子は強かった/マラソン  日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/ns/sports/p-sp-tp0-051121-0012.html


今日の記録24分39秒はまあまあだと思う。大会歴代三位だそうだし。東京は難しいコースだし、大会記録も22分台(山口衛里。この記録はすごい)。久しぶりのレースだし、足の調子もあやしかっただろうから、慎重に慎重にレースしてた。記録がどうこうより、とにかく勝つことだけに焦点をしぼってた。このかんじだと、20分切るレースは十分できそう。

高橋のレースをはじめて観たのはバンコクアジア大会。その前の日本最高を出した(25分台)名古屋は観れなかった。アジア大会は彼女の三度目のマラソン。炎天下で気温35度の中、ぶっ飛ばして21分台。自身の日本最高を大幅に更新。高橋の優勝は最初から決まっていたようなものなのに。二位の人との差は10分以上あったと思う。

レース中、解説の増田さんもめちゃくちゃ心配そうだった。あんな気象条件の中、当時の世界最高を上回るペースでぶっ飛ばしてたもんだから。小出監督も沿道で何度も「Qちゃん、落とせ!落とせ!」と言ってた覚えがある。

このレース、タイの田舎の一本道を、ただひたすら高橋が一人で走ってるのがテレビ画面にうつってただけだった。でもね、めちゃくちゃ魂を揺さぶられた。震えた。こんなことめったにない。なんなんだ、この人は!?と思った。壊れちゃうんじゃないの?ここまでやって大丈夫かよ?とマジでひやひやもした。衝撃だった。

子どものころからマラソンをたくさん観てきたが、あのレースは特別だった。すごい才能だと思わされた。走りの才能だけでなく、存在そのものにスター性を感じた。マラソンは勝負の行方を楽しむだけだったけど、一人の選手の「走り様」を味わうものとしてはじめて意識した。速い人や強い人はいくらでもいるけど、マラソンでイっちゃってるレースする人はほとんどいない。こりゃ、すごい人が出てきましたよ、と胸が躍った。(女子長距離の一流選手は「キャラ的には」イっちゃってる人多いですが。)

もちろん、高橋の最高のレースはシドニー五輪。あのレースは高橋の最高の作品だった。僕ん中では、マラソン至上最高のレース。三度のスパートはまさに芸術的。あんなの見たことなかった。二宮清純がシドニーでの高橋のスパートを「ナタ」のようだ言った。うまい表現だなと感心した。二宮さん、たまにはやりますねと思った。あのキレ味は鋭いだけじゃない。破壊力がすごい。(2000年名古屋もキテた。)

とにかく、スパートの瞬間、オートマチックに僕の背中をぶるぶるひんやりさせる選手は他にはいない。魅せるレースができる人はそんなにいない。高橋は僕が見てきた中で最高のスポーツ選手の一人。まさに記憶の残る選手。おっさんたちが僕たちに長嶋茂雄を語るように、そのうち僕が高橋尚子を語るようになるのだろう。語りたくなる選手。


高橋以外で、僕が震撼させられたのは伊藤智仁くらいかも。ベタですけど。ヤクルトのピッチャー。一年目の投球は今でも脳裏に焼き付いてる。一番記憶に残っているのは、巨人戦、0-0で、伊藤は16奪三振(たぶん)。9回裏二死から、篠塚にサヨナラホームランを浴びた。ベンチへ帰る途中グローブを投げつけてた姿も覚えてる。7月だけど、これがこの年最後の登板だったみたい。この人の全盛期はその年の最初の半年だけだった。この人はほんとに壊れちゃった。


ちなみに、僕は陸上もやってたんですよ。短距離はそんなにわくわくしなかったんだけど(リレーはおもしろかったかな)、中長距離はわくわくした。自慢ですが、結構強かったんですよ。中長距離はツライんだけど、なんともいえない緊張感が味わえる。レース中の精神状態はなかなか複雑でおもしろい。ああもうやめちゃえ!とか思ったり、走りながら作戦立てたり、みょーに傲慢な気持ちになったり。ネガティブになったりポジティブになったり。次から次へといろんな思い・考えがわいてくる。無心ってことはなかったなあ。中長距離の緊張感は野球の緊張感と全然違った。というか、野球では全然緊張しなかった。
[PR]
by mudaidesu | 2005-11-20 23:31 | スポーツ


<< ニッポン大好き★ ランディ・ジ... メインページ ザ・伝説 すばらしきニッポンネタ映画 >>