イラク人質問題 14  柏村議員


柏村議員のトンデモ発言はアホすぎなんでいまさらなんだけど、とりあえず、↓


人質の中には自衛隊イラク派遣に公然と反対していた人もいるらしいと。もし仮にそうだとしたら、同じ日本国民ではあってもそんな反政府、━━━分子のために数十億円もの血税を用いることは強烈な違和感、不快感を持たざるを得ないと私は思います。

参 - 決算委員会 - 10号 平成16年04月26日 発言者7
国会会議録検索システム




「反日」の部分が消されてる。「反日分子」で検索しても出てこなかった。前は出てきたような気がするけど。つーか、なんで消すんだか。後世のために残そうよ。「うんこぉ!」とか「ちんぽぉ!」とか国会で言ったら、議事録ってどうなんだろう?

この人、郵政でのゴタゴタのとき、小泉さんを批判して「民主主義がどうたらこうたら」言ってた。おまえが言うなよ、とみんな思っただろう。


とりあえず、柏村さんのページからイラク人質問題に言及してる部分。↓

2004.04.12  テロには屈しないという小泉総理に拍手
2004.04.19 自己中心的な人間が起こしたイラク人質事件
2004.05.03  ご支援、激励に感動し勇気づけられました



「反日分子」のとき、この人なんなんだろう、どんな人なんだろう、とちょっと調べたらこんなのが↓


実は私も、この議連に入るまでは、悪いことをしたやつは、死刑は当たり前という、いわゆる因果応報の考えをもっていました。

しかし、いろいろと亀井静香先生と仲間の皆さんと勉強しているうちに、今までの日本の犯罪の歴史の中には、いわゆるえん罪も多々起きてきたわけです。その時に死刑をしたことを悔いてもどうしようもないのです。

皆さんはまだご存知ないでしょうが今や世界の約8割の国が死刑廃止、またはモラトリアム(停止中)になっているのに、未だに因果応報の世界に浸っていたら正に世界から日本は取り残されてゆく…今、何故世界は死刑廃止に向かっているのかを真剣に考える時が来ているのではないでしょうか。

2004.11.09 南野知恵子法務大臣を訪問


まあ、亀井さんの子分だってのもあるんだろうけど。この人、なんか有名な番組の司会者だったそうで、そちらは全然知りません。しかし、いまさらながら、「こういう奴はこういう考えしてるに違いない」と決め付けるのはダメだね。「犯罪者はどんどん吊るせ!」とか思ってる人だと僕は決め付けてた(以前はそう思ってたようだけど)。

しかし、死刑廃止議員連盟で活動してるなら、同志の議員には「自衛隊イラク派遣に公然と反対し」、「同じ日本国民ではあっても反政府」的な、柏村さんからすれば「反日分子」もたくさんいるだろうにねえ。なんだかなーだよ。慣れろよ。



この人国会でどんなこと言ってんだろう、と興味深々で調べてみたら、こんなのもありました。NHKの予算審議のようです。↓


柏村武昭君

これは、おととしの五月だったと思うんですが、たまたま自宅で、私競馬好きですから、日本ダービーの中継を見ておりましたら、驚きました。レース前のある女性歌手が君が代の斉唱をソプラノでやったんですが、そのとき私は、当然居ずまいを正してテレビの前で見ようと思ったら、君が代の荘重な調べが流れてきて歌が出てきたときに、何とNHKの画面、パドックにいる馬のけつのどアップが出たんですね。これは僕もう飛んでしまいまして、どういうことなのか。制作スタッフが意識してやったんならこれは不届き者と断罪すべきですし、偶然だったら間抜けなばかやろうというわけですね、愚か者というわけです。国歌に対する尊敬の念が全くないというふうに気付きました。これは、一国の代表であるNHKの番組放送で国歌というものが軽んぜられているということにつながるんではないでしょうか。
 
朝の君が代、夜の君が代も最近はどうもやっていないようでございます、NHKではね。これは、タイなんかに行くと、必ず放送のときに旗が映ると国歌が全部流れるわけなんですね。それは世界でも共通だと思うんですが、公共放送で国歌も流さない、しかも国歌を軽んじているということは大変だと思います。
 
そこで、会長に伺いたいんですが、NHKでは国歌君が代の放送についてどのような心構えで臨んでいらっしゃるんでしょうか。また、指導の方はどのようになっているのか、説明をお願いしたいと思います。


参考人(関根昭義君) 

御指摘のダービーの件につきましては、当時、視聴者から問い合わせがありました。それで調べました。結果については、当然意図的なものではなかったと言うんですけれども、御指摘のようなことについては誤解を招くおそれがあるので、とにかく中継をやるときには気を付けなさいということで職員を指導しています。
 
それと、国旗・国歌の放送につきましては、これは私どもは昭和二十七年の四月からラジオの放送で放送が終わった後やっていますし、テレビが始まりました昭和二十八年以降というのは総合テレビと教育テレビで、最近はちょっと頻度が、二十四時間放送やっていますのでちょっと頻度が落ちていますけれども、必ず放送休止というときには定期的にやっています。
 
職員の指導につきましては、これは番組基準ハンドブックという我々の内規もありますので、それに基づいて国旗・国歌についてはNHKの職員として品位を落とすことがないようにやりなさいという指導をやっているところであります


柏村武昭君 

午前四時半ごろ僕見たんですが、旗は映っているけれども、君が代が映っていないという放送がありました。これはやっぱり必ず旗が映ったら君が代が流れてくるということを、いわゆる国歌あるいは国の旗、この尊厳を軽んじないように、ひとつNHKが率先してやってもらいたいと私の方から希望するわけでございます。


参 - 総務委員会 - 8号 平成16年03月30日
国会会議録検索システム


この人は天然なんだろうなあ。「反日分子」も、信念というより、ただ無知というか、なんというか、なんの見識もなく、戦略でもなく、ただ「素朴にそう思った」から言ったんだろうなあと思う。

↑の柏村さんのページ(酷いのをたくさん見たんで、柏村さん程度じゃ全然穏当に見えちゃうのが悲しいところ)での、イラク人質問題への言及も、居酒屋でそこらのオッサンや僕らがああだこうだウダウダやってるのと同じようなレベルというか、情緒的というか、放言してるだけだし。

被害者や被害者家族に対して、「いけすけねえ連中だなあ」くらいの感情しか沸かないんだと思う。別に、情緒的なのも素朴なのも悪いとは言わんし、論理や思想がないのも別にいいんだけど、もうちょっとどうにかなんねーのかなあと。国会議員なんだし。もうちょい想像力働かそうぜと。あんたの同胞なんだからと。

まあ、保守ってのはそういうもんなのかねえ。感覚や実感を重視するってのは。オッサンの感覚に従っとけば、大きな間違いは犯さない、みたいな。それに抑圧される連中はほっとけと。

 
あと、この発言がウケちゃったのを見ると、やっぱあのバッシングは「非国民認定思想」の発露だったなあと。「村八分」的。家族が頭下げまくって謝りまくってるところなんてまさにそう。ネオリベ的な切り捨て風潮ってよりも。あくまで世間はね。ネオリベ的だったら、眼中にねーになると思うし。
 

当時の「正論」が酷いと書いたけど、「諸君!」も酷かった。石原慎太郎さんと西村真悟さんが対談で、被害者と被害者家族を「二流国民」と言っていた。なんですか、「二流国民」って。つーか、要職についている、日本の知性を代表するようなお二人が、特定の個人を名指しして「二流国民」って・・・。これが許されちゃう日本ってなによ?



ニュース ちょっと前だけど。

米軍拘束のイラク人女性を釈放へ、米記者拉致の関連
駐留米軍、イラク人女性ら420人釈放
キャロル記者が再び訴え 誘拐グループのビデオをアルジャジーラが放映

アメリカは否定してるけど、アメリカ人を人質にしてる武装勢力の要求に従ったといえると思う。アメリカ軍はイラク人女性を人質として利用してるって報道もある(前々から言われてたけど、おそらく事実でしょう)。武装勢力の家族の女性を拘束して、男性たちにプレッシャーを与える手法を使ってる。
[PR]
by mudaidesu | 2006-02-02 01:02 | イラク人質事件


<< 真冬の野宿者強制排除 メインページ 国生さゆり vs 杉本彩 >>