北朝鮮飛翔体話と韓国と日本


トラバもらったハムニダ薫さんの「ハンギョレ新聞を読んでみよう(3)」にコメントしようと思ったんだけど、長くなりそうだったんで。微妙に違う話になっちゃったけど、日本における太陽政策批判についてちょっと。





結局、戦争の覚悟がないけど(覚悟がある政権はない。戦争やりたい勢力はいるけど)、北朝鮮をどうにかしたいなら、(アメリカによる)体制保障と金品で釣るしかないんだけど。正義も道徳も面子も人権もへったくれもない。

北朝鮮に金品やって体制保障して、国内でどんな酷いことやってても文句言いませんから開発独裁国家としてやってってくださいってことにするしかないのかも(言いにくいけど拉致問題も終わり)。もちろんうまくいく可能性なんて微妙だけど、どうにかするにはコレしかないのかも。

まさに姜尚中が言う「正義なき平和」。


韓国の「太陽政策」(田岡俊次によると、将軍様を監守として雇う「監獄政策」)はコレの一つのバージョンだったけど、韓国一国だけじゃなくて、アメリカはじめ周りも全面的にコレにコミット。

リベラルにはキツイ路線だけど。


そして、僕はコレに乗るとは言えない偽善者(乗るもなにも、今の日本でコレを堂々と主張できる政治勢力はどうせないけど。ある意味、天木直人その他がさんざん批判してきた小泉首相家族会裏切り路線がそれだったかも)。

やっぱ、冷酷なリアリストにはなれない。やっぱ、より人権尊重路線(拉致問題も含めて)をと願うしかない。だからと言って、僕の中からその路線でナイスアイディアが出てくるわけでもない。

ほんと難しいです。

現実に実行可能かってことを抜きにしても、自分の頭の中でさえ、アイディアが浮かばない。


北朝鮮飛翔体話





>韓国はやたらと平穏です。韓国人の友だちから「なんで日本はあんなにキイキイ言っているんだ?」と聞かれたりしました。


まあ韓国人は北朝鮮をずーーっとウォッチしてきてますからねえ。別に今突然韓国が危険になったってわけじゃないですしねえ。とっくの昔から戦争になったら韓国がめちゃくちゃになるのはみんなふつーに知ってるわけで。

それに大規模テロられたこともあるし、大統領が殺されそうになったこともあるし、閣僚が殺されちゃったこともありますしねえ。


日本の場合はそうじゃないですからねえ。50年近く北朝鮮を無視してきて、ここ数年いきなり目の前に現れたってかんじですし。




>ドンパチ


前にどっかで見たんですが、ペンタゴンのシミュレーションによると、朝鮮半島で戦争が起きたら、米兵約5万、韓国兵49万、韓国民数百万の死傷者?がって話もあるとか(これについてのニュースは見つけられず。国防省のサイトも見て回ったけどわからず)。北朝鮮兵士や人たちもめちゃくちゃ酷い目に会うだろうし。その後の東北アジアの混乱なんて想像つかないくらい。

まあだから韓国の「太陽政策」は↑で書いたように「冷酷なリアリズム」なんだろうなあと。何十年間も北朝鮮と戦争やる気マンマンでいたけど、何もいい事なかったですからねえ。逆に酷いことばっかされてたし。

(ちなみに、憲法9条のせいで拉致が起こったって平沢勝栄(自民党・拉致問題をお茶の間の話題にした貢献者。私はそれなりに評価してるんですが)さんがよく言ってたんですが、韓国を見てみろと。戦争やる気マンマンでもろくなことなかったじゃんと。ついでに9条じゃミサイル実験を防げなかったって話もありますが、9条は万能薬かい!と(笑)。なんでもこじつけて嫌いなものに嫌なことの原因を押し付けるってのはほどほどにしてほしい(私もたまにやりますが)。嫌いなものの力を過大評価しすぎ(笑)。陰謀論系バックラッシュ派の方々もそうですね(笑)。)


韓国にとっての最大の国益は、戦争を起こさせない&北朝鮮を崩壊させない(支えられない)の二つなのはたしかなんで(離散家族再会問題もありますね。高齢化してるし。あまり進んでないようですが)、太陽政策そのものは国益至上主義リアリズムだとは思います。


ただ、太陽政策のやり方にもいろいろあって、ノムヒョンさんはどの程度うまくやってんの?って思いは私にもあります。金大中より明らかに下手だって話もありますし。でも、詳しくないんでなんとも言えないですねえ。

まあ↑で書いた「開発独裁国家としてやってってください」ってことは、冷戦時代の「新米独裁国家」みたいになってください、って話なんですが。で、それはそれでリアリズムなんでしょうけど、リベラル系としては大賛成するわけにもいかないし難しいなあってかんじなんですよね。


北朝鮮飛翔体話のコメント欄

 


みたいなこと書いた。



今回の問題で、韓国政府はかなり遠慮してるような気がする(ハムニダ薫さん紹介の「ハンギョレ新聞社説」も遠慮ぎみ)。苦しい立場なのはたしか。アメリカや日本とは微妙に方向性違うし。国際的には不人気な立ち位置だし。

ただ、北朝鮮問題の処理が自国の存亡に関わるのは韓国だけ(北朝鮮もだけど)。自国の存亡が懸かってる(と言ってもいいよね)のに遠慮しなきゃならないってのも悲しい話。小国(じゃないけど)の悲哀でしょうか。





フジテレビの「報道2001」で、ノムヒョンさんの外交ブレーンとされる人が中継で出てた。日本人に韓国の立場を弁明する役割で。スタジオには山本一太さんと前原誠司さんと李英和さん(RENKの人)。もちろん、みんなで外交ブレーンの人を吊るし上げ。とまでは言わんけど。


まあ、この外交ブレーンの人はなかなか上手くて何度も何度も「日本のみなさんのお気持ちはよくわかります」みたいなことをちゃんと言いながら、韓国政府の立場を丁寧に説明してた。(それに比べて「日本は大騒ぎ」どうこうの声明はセンス悪すぎ。「反日感情」とやらをテコにこういう論法を使ってるならさすがにダメ。)

「太陽政策の失敗が明らかになったのでは?」みたいな質問には、「太陽政策以前と以後を冷静に見てください。ゴタゴタはあっても、全体的な流れとしてはだいぶ良く(韓国のために)なってます」みたいな。(↑で書いたように、韓国の国益を考えたらそのとおりだとは思う。)





で、気になったのは前原さん。外交ブレーンの人が一生懸命話してる最中に嘲笑してるような薄笑いを何度も浮かべてた。あれはなんなんでしょう。ああいう顔なのはわかってるけど、意図的にやってたのでしょうか。フジテレビもあの顔を何度も小窓で抜いていた。


日本での太陽政策批判はいまに始まったことじゃないし、日本のメディアや政治家が韓国の政策や今回の対応をテレビ等で批判するのはいいんだけど、聞いてると、「戦争になったらマジでシャレにならない韓国」の立場をちゃんと想像してるのかよ、って気になる。(北朝鮮には油がないからたいしたことないって話もあるけど。) 「戦争にならなくても北朝鮮が派手にぶっこわれたらマジでシャレにならない韓国」の立場を。



昨日の前原さんなんかまだまだマシな方で、日本国内の太陽政策批判には「韓国は真剣に考えてるのか!ボケすぎだ!」みたいなノリがあったりもするんだけど、韓国の位置と立場と60年間を念頭においてそれ言ってんの?ってかんじで軽々しいなと。韓国人にとっての北朝鮮問題の歴史と切実さを考えた上で言ってんの?と。お花畑なのはどっちだよと。




韓国の政策に同意するしないはいろいろある。

ただ、同意するにしても批判するにしても、どんな判断基準から自分はそう思うかってことを示したり考えたりするのが大切かなと。韓国の国益を考えてなのか、日本の国益を考えてなのか、北朝鮮の人々の幸福を考えてなのか、拉致被害者のことを考えてなのか、国際社会の団結を考えてなのか、・・・・、いろいろ基準はある。

基準によっては、何が正しいかについて一致するどころか激しくぶつかることもあるかもしれない。何が国益かってことだって合意は難しい。自分の基準がすべてと思わずに、相手の基準に思いをめぐらすことが大切なのではと。


配慮という意味でもそうだけど、他者や他国のロジックを冷静に理解することは自国の政策を考える上でも重要かと。

(いや、何度か書いてきたけど、結局、右の描く構図は永遠に「我々vs彼ら敵」で、我々と彼らの交換可能性なんて想像上でもあまりないんだろうけど。(好きだ、 宮崎あおいのコメント欄とか))



とにかくそれでも、もっとちゃんと韓国の60年を振り返って、それを前提に語ってほしいなと。そうしてるように見えない。まるで日本と韓国の立場や状況が同じかのようなノリで語られてもなーってかんじ。全然違うだろって。太陽政策批判はいいんだけど、ノリがほんと軽すぎ。




昨日の前原さんもそう(日本の熱い世論に媚びてたんだろうけど)。山本さんはややマシだった。(李英和さんはまた立場が別(判断基準が日本の国益でも韓国の国益でもない)なんで同列には語れない。)

前原さんには外交ブレーンの人の「日本のみなさんのお気持ちや立場はよくわかります」みたいなノリがまったくなかった。もちろん、番組そのものが日本の視聴者向けだからってのもあるけど。それでももう少しどうにかならなかったのかなあと。


「韓国の立場はわかりますが、日本にとっては・・・」みたいな語り口がもっと必要かと。これは日本の視聴者のためにも。じゃないと、みんな、韓国の今と60年間をほとんど想像できないんじゃないかと。



「なぜ韓国は日本と違うんだろう?」と思うのは良いことなんだけど、その「なぜ」をちゃんと考えないで、「それは韓国が異常なせいなんだろう」で済ましてしまうような傾向がある。日韓の前提も出発点も状況も歴史もなにもかも違うのに。

とりあえず、みんな、それらにもう少し思いをめぐらせてから文句言った方がいいんじゃないかなあと。



まあとにかく、日本国内の太陽政策批判にはこんなかんじの違和感がありまくり。
[PR]
by mudaidesu | 2006-07-11 00:23 | 世界


<< 英雄本色  蹴球世界杯超級総括... メインページ 朝生 1  北朝鮮飛翔体 >>