あいかわらずですアメリカさん。


あいかわらずのことでいまさらのことでいつものことですが。





イスラエルのガザ侵攻中止決議案、米の拒否権で否決

【ニューヨーク=白川義和】国連安全保障理事会は13日、イスラエルに対して、パレスチナ自治区ガザ侵攻の停止とガザからの撤退、拘束したパレスチナ自治政府閣僚らの解放などを求めるカタール提出の決議案を採決したが、米国が拒否権を行使し、否決された。

 日仏中露など10か国が賛成、英国など4か国が棄権した。

 米国の拒否権行使は2004年10月、今回と同様の決議案が採決された時以来。決議案はパレスチナ当局にも暴力停止を求め、拉致されたイスラエル兵の解放も要求しているが、ボルトン米国連大使は「一方的な要求で、バランスを欠いている」と反対理由を説明した。

 一方、アナン国連事務総長は同日、パレスチナ情勢の沈静化のため、ビジャイ・ナンビア事務総長特別顧問ら3人を特使としてイスラエルなどに派遣し、関係当局に自制を呼びかけることを決めた。

(2006年7月14日10時56分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060714i103.htm



イスラエルのガザ侵攻非難決議を否決 安保理で米拒否権

 イスラエルのパレスチナ自治区ガザ侵攻を非難する決議案が13日、国連安全保障理事会で採決され、15理事国のうち10カ国が賛成したが、常任理事国の米国が拒否権を行使して否決された。イスラエル軍のレバノン攻撃などで中東の戦火が広がる中、アラブ諸国が求めた決議案に米国が拒否権を行使したことで、反米感情のいっそうの広がりが懸念される。

 ボルトン米国連大使は、拒否権の理由について「決議は時機を逸しているうえ、バランスを欠いており、緊張を激化させるだけだ」と述べた。米国が安保理事会で拒否権を行使したのは、04年10月のイスラエル非難決議以来。

 理事国のうち、日本、フランスなどは賛成に回り、英国など4カ国は棄権した。決議案は安保理非常任理事国のカタールが提出。イスラエル軍のガザ侵攻を「過剰な武力行使」と批判している。

http://www.asahi.com/international/update/0714/005.html



US vetoes Security Council resolution on violence in Gaza UN NEWS

UN Gaza resolution vetoed by US  Guardian

US vetoes UN resolution on Gaza Aljazeera



日本はアメリカさんのおつきあいはしなかったんだね。アメリカさんの拒否権は約2年ぶりだそう。棄権した四カ国は、イギリス、デンマーク、スロバキア、ペルー。ちなみに、この安保理決議は「非難決議」。



これをもう一回。↓


◇各国の拒否権行使回数

旧ソ連・ロシア・・・120回(1960年以降は2回)
アメリカ・・・・・・・・・・76回(うちイスラエルを非難するものに対しては35回)
イギリス・・・・・・・・・・32回
フランス・・・・・・・・・・18回
中華民国・中国・・・・・5回

2.安保理のしくみと拒否権   水島朝穂ゼミ





ついでに「「ミュンヘン」とか宗教右派とか他のこととか」で触れたこれももう一回↓。

リアリストのリアリズム  イラク戦争反対」と「またまた a リアリスト on アメリカ外交政策」で触れた、スーパーフェイマスなリアリストコンピによるウルトラサプライジングな論文。↓


ミアシャイマー等のイスラエルロビー批判論文の日本語訳(その一)

ミアシャイマーとウォルトのイスラエルロビー批判論文の日本語訳(その二)

ミアシャイマーとウォルトのイスラエルロビー批判論文の日本語訳(その三)

The Israel Lobby and U.S. Foreign Policy (pdfファイル)



ちなみにサプライジングなのは中身というより(いや中身もすごいですが過激で)、主流のスーパーフェイマスなリアリストがこういう内容のものを発表するってこと(アメリカの媒体でじゃないってところがまたいろいろあんだろうなあってかんじ)。イラク戦争でもそうだったように、断固ネオコン反対!!!ってことなんだろうけど。

というより、小泉さんが行ってなんか言ったそばからイスラエル周辺がエライことになってんだけど。
[PR]
by mudaidesu | 2006-07-15 00:07 | 世界


<< 第二次朝鮮戦争勃発  1 メインページ 英雄本色  蹴球世界杯超級総括... >>