長野知事選と意味不明民主党


民主党の地方組織ってどーなってんの?ってな話。





一方、終盤の自民党の動きに危機感を募らせた民主党は、4日になって小沢代表と鳩山由紀夫幹事長が田中氏支持を表明。「村井さんは基本的に自民党だ」(小沢氏)と、ようやく「反自民」の姿勢を鮮明にしたが、時すでに遅かった。

同党県連は1月、田中県政批判の見解をまとめ、対立候補の擁立を模索したが、勝算が立たないことを懸念した執行部が反対。「相乗り禁止」方針もあって自主投票の道を選んだ。

鳩山氏は6日夜、都内で記者団に「厳しい審判は厳粛に受け止めなければいけない。田中氏を推薦していれば勝っていた。しかし、無理やり推薦して勝っても県連としこりが残った」と語り、ジレンマを隠さなかった。

http://www.asahi.com/politics/update/0807/006.html




滋賀県知事選でも大ボケこいてるし。


いや、いまさらの話だし、田中康夫と民主党長野県連がノリもウマも合わないのもよくわかってるけど、やっぱ気になる民主党地方組織の実態。民主党の地方組織ってどーいう経緯でできたん?どーいう人たちが担ってるん?民主党以前はどこにいたん?民主党にいる人たちの旧党派関係の寄せ集め?民主党地方議員は?

というか、地方政治にも無知すぎる僕なんですが、55年体制時代の地方政治(議会)ってどんなもんだったん?最近と同じようにオール与党系?






長野の民主党のそこそこ偉い?人のブログから↓。全文引用しちゃう。


本日決まる。組織か草の根か?

今回の知事選で民主党長野県連は迷走した。

昨年末から県政の検証を行って、1月には田中氏氏にかわる新しい候補擁立を目指すことを決めた。しかし、候補者選定において、「勝てる候補」にこだわり、自民党と一緒に乗れる候補擁立を目指したために、主導権をめぐって自民党と民主党がぶつかり、自民党側が現職国会議員の息子や元国会議員の名前を上げる中で、統一候補擁立はできない環境になり、民主党長野県連は検討してきた羽田雄一郎参議院議員にバッチをはずしてまで立候補をお願いする環境をつくることができなかったとして、候補者擁立を断念。自主投票という結論を出さざるを得なくなった。

結局構図は現職VS元自民党国会議員となったが、連合長野は知事を変えることが県政を変えるという立場から苦渋の選択で元自民党国会議員の村井氏にのった。

市町村会、経営者会、自民党国会議員、県議会議員の大部分が村井氏支持にまわるなかで、民主党籍のある県議会議員・市議会議員も村井氏を支持した。

しかし、民主党の一般党員・サポーター・支持者は、自民党が押す元自民党国会議員を押すことに違和感を感じていた。といっても、民主党長野県連は田中氏に代わる候補者擁立を模索してきたために動くことはできず静観の姿勢を崩せない。

民主党支持者にはもともと多くの田中氏支持者がいた。選挙戦が加熱してくるに従い、村井氏を押していた民主党系の県議・市議の動きも活発化してくる中、民主党はどうなっているんだ、おかしいではないか。という声が多く私の事務所にも届けられてきた。

このまま県連が静観していては、真の改革を求め政権を狙う民主党の存在意義が問われる。長野県民は民主党に失望するに違いない」そう思った民主党員の有志は立ちあがりました。「いい県つくろう。民主党有志とみんな会」を私たちは組織し、羽田孜民主党最高顧問と小沢一郎代表に、「自民党が押している候補は支持しない」という事実上の田中支持表明を出してもらえるように奔走した。

その甲斐あってか、以下のような小沢一郎代表と鳩山幹事長のコメントが出された。これまでのあらゆる面で協力関係にあった連合のみなさんに対しては、大変ご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちであります。しかし、田中氏を倒すための候補としても村井氏の政策・支持基盤を考えどうしても支持できなかったことをご理解いただきたい。また、民主党系の市議や県議が村井氏支持で動くなかで、一般党員・支持者の声を誰かが代弁しなくてはならないと思い行動をとったことをご理解いただきたいと思っております。この知事選でどちらが勝っても、私への風当たりが厳しくなると思います。しかし、「正論を吐ける人がいなくなったら、政治はかわらない」という支援者の言葉に励まされながら、反省べきところは反省し今後も自分を磨いていきたいと思っています。



2006年8月5日 信濃毎日新聞 掲載

田中氏を支持と小沢代表が表明 民主 鳩山幹事長も

民主党の小沢一郎代表、鳩山由紀夫幹事長は4日午後、自主投票を決めている6日投開票の知事選について、個人として現職の田中康夫氏を支持する考えをそれぞれ表明した。

小沢氏は京都市内で記者団に、前自民党衆院議員村井仁氏について「無所属とはいえ基本的には自民党であり、自民党が中心になって推している候補者だ」と指摘。その上で「何とか県民の皆さんの理解をいただいて田中知事に勝ってもらいたい」と言明した。

鳩山氏も記者会見で「村井氏は小沢氏と行動を共にした時期があったが、裏切って自民に戻った人だ。村井氏が勝てば自民、小泉純一郎首相の勝利と言える。自民色の強い長野県政になり、決して望ましいことではない」と強調した。

http://info.shinmai.co.jp/2006chijisen/2006/08/05_002281.html



http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003720.html





この加藤学さんって人はブログ見るとなかなかいいかんじ。

だけど、なんなんよコレは。とほほ。。。

やる気あんのかと。アホ丸出しじゃん。

オトナのセカイはフクザツなんでしょうか。

てか、僕のような無知なよそ者がケチつけんな?






長野知事選と民主党長野県連のゴタゴタの経緯↓。五月以降だけ。


知事候補探しで自己満足するな
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003205.html

長野知事候補も、結局は血統争いなのか
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003213.html

県民はやきもき、現れない知事候補の本命。
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003293.html

長野知事選候補者選びも佳境
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003316.html

長野県知事候補擁立が難航
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003355.html

長野県知事選、信州人のプライドを見せよ。
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003366.html

長野県知事選では民主党の筋を通すことを確認
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003406.html

民主党長野県連、いまこそ決断を。
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003414.html

民主・自民の支持率は肉薄してきた
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003420.html

羽田雄一郎さん、ご決断を。
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003426.html

知事選は長野県の民主党を近代化する第一歩
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003444.html

知事選候補:「相乗り」は支持しません。
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003458.html

知事選:羽田雄一郎氏出馬見送り
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003464.html

自主投票?相乗り?独自候補?
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003495.html

長野知事選:またもや不透明な一本化
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003512.html

民主党長野県連:あした決断
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003523.html

長野県知事選:民主党は事実上の自主投票
http://www.election.ne.jp/10863/archives/0003533.html



というかリンクすんのめんどくさいからこのままで。って意味ないじゃん、だけど。


一応、これでも。↓

6月
http://www.election.ne.jp/10863/archives/2006-06.html

7月
http://www.election.ne.jp/10863/archives/2006-07.html



つーか、「ダメっぷりの良さ」(へんな表現だけど)こそが民主党のウリかも。
[PR]
by mudaidesu | 2006-08-07 22:37 | ニッポン


<< ヤスクニ・リターンズ  靖国参... メインページ レバノンとイスラエルとネオコンさん >>