原爆とアメリカ人
クローズアップ現代

アメリカ世論調査

原爆投下は正しかった===57%
間違い=====36%

驚いた。36%も間違い。

アメリカ人は原爆の実態、悲惨さをほとんど知らんから、ちゃんと教えたらもっと増える。



アメリカでの原爆経験。

スピーチの授業ーーー説得的スピーチで、「拳銃規制徹底すべし!」とをやった。
とくに、気合いの入った反論なし。つか、反論するのは聞き手の義務なんだけど。
細かい事実関係とか、いろいろ情報は聞かれたけど。

informative speechで「核兵器について」をやる。
いろいろ聞かれたけど、そういう話にはならんかった。


元外交官の先生のアメリカ外交の授業。
この人めちゃくちゃアメリカ外交に辛い。国務省だから、CIAとペンタゴンにはかなり辛い。
「アメリカの恥の話だから、外国人は耳ふさいでてね」とかなんとか言いながら。

なんか俺に気を使いながら、「最初は無人島にでも落とすべきだった」
俺、「いや~、そんなんで戦争やめる決断できるほど日本に理性あったの?」

(ちなみにおもろいクラスメイトーー50歳くらいのおっさん、あいさつは「praise the load」
オルテガ拉致に批判的な先生、国家主権、パナマの土地だ。
そのおっさん、「いや、神の土地だ。正義があればOK」)



日本人のクラスメイトのプレゼンーーー人体実験だ!
(俺のプレゼン、アルメニアとアゼルバイジャン」

誰も反論せず。授業のあと、アメリカ人とタバコすってて、そいつが「shi is right」
俺、「まあまあ、日本人も人体実験やってたし」

アメリカ人には、「原爆投下は間違いだった」と言いたい人がたくさんいる。
しかし、「戦争を終わらすために仕方がなかったのではないか?」という思いもあって、
なかなか、自分の中で「間違い」と断言できないでいる。これは、アメリカを正当化したいとか
そういうのではなく、真摯に向かいあっているからこそ。
ヒューマニストとして、あれは間違いだったと言いたい。
あんな残虐なことが正しいなんてありえない。と思いたい人もたくさんいる。
ヒューマニストでありたいと思っている人がたくさんいる。

アメリカ人にとってはトラウマである。

結構多くのアメリカ人と原爆について話したけど、(俺は簡単な数字くらいでほとんど聞き役)
個人的な会話ではっきり「戦争を終わらせるためには正しい判断だった」と断言する人は一人だけだった(キリスト教保守派)、まあ、俺に気を使ってんのもあるかもだけど、みんな悩んでいるんだと思う。まあ、俺の知り合いが偏ってるってのもあるし、リベラルばっかの地域だけど。




ところで、マクナラマ
東京大空襲について、「一晩で10万人殺していいのかよ!?」と。
マクナラマはことあるごとにルメイについて語っていた。狂ってると。
しかし、冷徹はリアリズムだと。

けど、戦争に負けてりゃ、自分たちが戦争犯罪者だと。

ルメイに勲章あたえた日本って何?
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-08 23:01 | 世界


<< 菊と刀 日本人論 メインページ 明治という国家 >>