女性
出生率、働く女性多い地域はアップ 厚労白書
2005年07月29日10時58分
http://www.asahi.com/life/update/0729/007.html






都道府県別の出生率と女性の労働力率

 出生率は女性が働く地域で高く、男性が長時間労働している地域ほど低い――。厚生労働省が少子化の要因を都道府県ごとに分析したところ、こんな傾向が浮かび上がった。保育所の利用しやすさや気温の高さはプラス、家計に占める教養娯楽費の割合の高さはマイナスに働くことも分かった。29日に発表した05年版の厚生労働白書に盛り込まれた。

 白書は、社会保障における「地域差」に焦点を当てた。

 30歳代前半の女性の労働力率(人口に占める就業者と職探しをしている失業者の割合)が高い都道府県ほど、合計特殊出生率(女性1人が産む子どもの平均数)が高い傾向があった。出生率上位には、労働力率が65%を超える宮崎、鳥取、島根、山形、熊本が、下位には、50%前後の奈良、大阪、神奈川、埼玉、千葉、兵庫が並んだ。

 白書は「近年、北欧諸国のように女性の就労が進んだ地域の方が出生率が高い傾向があり、女性の就労と出生率には正の相関がみられる」とし、国内でも同様の傾向があるとした。研究者の間では「育児をしながら働く女性のニーズに応えれば、出生率に好影響を与える」と言われている。


 また「出生率の高い地域では、女性の正社員比率が高い一方、長時間労働をしている人が少なく、子育てと両立しやすい働き方をしている」「出生率の低い都市部では、女性労働力の非正規化が進む一方、正社員は長時間労働する」とした。男性については、25~39歳の社員のうち週60時間以上働く人の割合が高い地域ほど出生率が低い傾向があった。

 出生率に影響を与える要因としては、保育所にいる子どもの割合、延長保育実施率、平均気温の高さがプラスに、男性の通勤・仕事時間、教養娯楽費、消費者物価の高さはマイナスに働いていた。教養娯楽費について同省は「趣味に使うお金が少ない方が子育てに時間を使えるのでは」とみる一方、気温については「よくわからない」としている。


 このほか地域の特徴として、東京など南関東では男性の通勤・仕事時間の長さや保育所にいる子どもの割合の低さが出生率を引き下げるが、延長保育実施割合の高さが下支えする▽北海道、東北は気温の低さはマイナスだが、山形や福島では男性の通勤・仕事時間の短さで取り戻す▽九州は気温の高さに加え、男性通勤・仕事時間、延長保育の実施割合が出生率を押し上げる――などと分析している。




まだまだ中味はよくわからんが、

>白書は「近年、北欧諸国のように女性の就労が進んだ地域の方が出生率が高い傾向があり、女性の就労>と出生率には正の相関がみられる」とし、国内でも同様の傾向があるとした。

野田聖子も言ってたが、おっさんの「女性が働くから、女性が自己実現とか言ってるから、女性がわがままになったから」ってのは妄想。

野田聖子・・・外国人特派員協会

GEMの高い国の方が出生率も高い。

専業主婦とか、女性の地位が低いと、子育ての責任を全部女性に押し付けてしまうから、女性としてももういや!になるのだろう。女性が働けば、子育ての責任は二分され、精神的には楽になるはず。






先進各国の最新の合計特殊出生率(以下、出生率)を見比べると、唯一2を上回っている米国を除けばすべて1台で、なかでも日・独・伊の低さが際立っている。このため、3国を第2次大戦時の枢軸国にならって「少子の枢軸」と呼ぶ専門家もある。

では、現代の少子枢軸国にはどんな共通点があるのか。まず、男女の役割分担意識が強く、
「子どもは家庭で母親が育てるべき」という社会通念がある。第2に女性の労働力率が低いこと
があげられる。とりわけ前者が女性の職場進出や職場での出世を妨げている。

ドイツとイタリアで、父親が育児参加しやすくなるように育休制度などを改めたのを始め、ドイツ
では女性が働きやすいよう「短時間正社員」制度を定着させつつある。実際、両国の出生率は
ここ数年上向き傾向にあって、こうした制度が奏効したとの見方が一般的だ。

しかし、上記の2点では枢軸国と同じなのに、3国ほど出生率が低くない先進国がヨーロッパ
にある。フランスだ。・・・・なぜフランスは枢軸国入りしないでいられるのか。フランスの少子化
対策で際立っているのは、児童手当が高いことである。物価も安いため、3~4人産めば楽に
暮らせるという。

それだけではない。案外見過ごされがちなことだが、フランスでは婚外子の割合が極めて高い
のである(96年で約40%、総理府「男女共同参画の現状と施策」より)。結婚しないで子ども
をもつことが社会的・法的に認知されているため、子持ちの非婚カップルが増えていて、出生率
を高水準のままキープさせる要因となっている。

外国の状況をざっと見渡すと、わが国のやるべきことも見えてくる――さて先月、少子化社会
対策基本法が成立したが、はたして出生率は下げ止まるだろうか

(横井むつみ=『日本の論点』スタッフライター)
http://books.bitway.ne.jp/bunshun/ronten/nifty/sample/enquete/030814.html



日本の出生率は1970年代前半までは2.1程度で安定していましたが、75年に2.0を割り込んだ後は、ほぼ一貫して下がっています。過去最低は99年の1.34。最新の2000年も1.36とほぼ横ばいでした。

米欧主要国のなかで出生率が2.0を上回っているのは米国(98年に2.06)、アイスランド
(97年に2.04)。1.5―2.0と比較的高水準なのは英国、フランスのほかノルウェー、デンマークなどの北欧諸国です。出生率が低いのはドイツ(97年に1.37)のほかイタリア(95年に1.19)、スペイン(97年に1.16)などの南欧諸国です。

先進国では女性の労働力率の高い国ほど出生率も高くなる傾向が見られます。

http://www.nikkei4946.com/today/0204/02.html


GEM :ジェンダー・エンパワーメント指数
 
(女性が積極的に経済界や政治生活に参加し、意思決定に参加できるかどうかを測るもの。具体的には、女性の所得、専門職・技術職に占める女性の割合、行政職・管理職に占る女性の割合、国会議員に占める女性の割合を用いて算出している)

1 アイスランド
2 ノルウェー
10 アメリカ
29 ナミビア
31 ボツワナ
35 フィリピン
44 日本
45 マレーシア

      UNDP(国連開発計画)「Human Development Report 2003」

当然先進国では最低で、ナミビアやボツワナ(ごめんなさい)より下で、イスラム教徒が8割のマレーシアのすぐお隣ってのはさすがにヤバイですよね。笑われているのは日本の現状です。「専制的な東洋の男」みたいなアホなオリエンタリズム再生産に貢献してしまっています。




出生率高いアイスランド、ノルウェー、デンマークはGEMも世界1位、2位、4位じゃん。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-13 00:15 | ニッポン


<< ネルソン・マンデラ自伝 メインページ 日の丸・君が代 米長 >>