西尾幹二 ドイツ 日本


町村さんも西尾さんの受け売りだな。

ドイツの文句言ってるだけかな。

ドイツがナチスのせいにした。

卑怯だ。って言いたいんだよね?


とういうことは、ドイツ国民は真摯に反省しちゃんとした態度をとらねばならない。という意味だろう。日本との関連でこういう話をするからには、論理の当然の帰結は、日本はドイツの真似(A級戦犯に罪を押し付ける=サンフランシスコ講和体制・日中共同声明)をせず、真摯な態度で戦争責任・加害責任に向き合うべき。となるだろう。なら、大賛成かも。

が、西尾さんたちはそうならない。ドイツは卑怯、日本が見習うところはないで終わり。そして、日本は悪くなかった!になってしまう。意味不明。悪くなかったなら、ドイツの話関係ないじゃん。


つか、ドイツのことくさすけど、結果はどうなんだろう?卑怯だろうがなんだろうが、周りがそれなりに納得してる、周りがドイツの歩みを評価してる。これについてはどう考えるのか?周りは卑怯なドイツに騙されてる?そりゃ、ちょっと言い過ぎじゃないのだろうか?

で、日本はどうよ?

で、周りからたいして評価されてない日本が「ドイツは卑怯者ですよー!」って世界に向けて発信するの?

すごい光景じゃない?

周りからの評価の低いのは日本の取り組みは足りないからじゃない?
これが普通の論理だよね?

え?違う?

それは、中国人・朝鮮人が卑しいからだって?

すごい光景ですね。世界から見たら異様ですよ。

A君が近所のB君C君をいじめました。
X君が近所のY君Z君をいじめました。

B君C君はA君のその後の態度にそれなりに満足しました。
Y君Z君はX君のその後の態度にあまり満足しませんでした。

X君が言いました。「A君は卑怯者だぞー!」「Y君Z君は卑しいぞー!」

X君やばくない?

モラルの大切さを説く保守主義者はX君みたいな子供が育たないように日々がんばってるはずだよね。


つか、「日本はもう謝っただろ!」という人は、「日本は謝るべき」と思ってるはず。
「最初から日本は謝る必要なし」と思ってる人は、「日本はもう謝っただろ」という権利なし。

いいとこ取りすんな、と。


つか、もう謝る必要ないのに、靖国参拝とかやってるせいで、また謝っちゃったりしてるんでしょ。



宮台真司 西尾幹二のトンチキな見解への批判(笑)を含む文章です


清水正義 ドイツ現代史を訪ねて
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-28 00:26 | ニッポン


<< 石原慎太郎と田中康夫 メインページ 愛国 by クリス・ロック >>