愛国 by クリス・ロック

『「イラクは世界の脅威だ、恐ろしい国だ」とか言って
二週間で占領してやがんの!
てめえ、ボルチモアを二週間で制圧できるか?
(ボルチモアは最も恐い黒人スラム)

ブッシュ政権になってから、
スポーツの国際試合見ると気持ち悪くていけねえな。
みんな狂ったように「USA!USA!」の大合唱だ。

お前らナチかよ! マザーファッカー!

カウボーイハット被った白んぼどもがいい気になって大喜びだ。
「フランス野郎め! 戦争の邪魔しやがって!」だの
「アラブ野郎は皆殺しだ!」だの
「移民はテロリストが混じってるから追い出せ!」だの、威勢のいいこと。

お次の標的は黒人とユダヤ人だぜ。
うかうかしてるとやられるぜ!

「俺はアメリカ人だ! アメリカは最高だ!」とか言って
威張り散らす白痴どもが多くてヘドが出るぜ。
そんなに威張る権利がお前らにあるのかよ。

あんたが、もし、お国のために戦争に行って命を捧げたことがあるのなら
「俺はアメリカ人だ!」って威張ってもいいぜ。

あんたが、自分の意志でアメリカに来ることを選んで、
必死で海や川を渡って来て、一生懸命頑張って市民権を取ったのなら、
やっぱり「俺はアメリカ人だ!」って胸を張ってもいいぜ。
それだけの苦労をしたんだからな。

でも、それ以外の奴らはたまたまマンコから出てきたらアメリカだっただけじゃねえか! 

マンコの場所がアメリカだったくらいで、そんなに偉そうにするな!

そんなこと赤ん坊だってできるぜ!』


アカデミー賞司会のクリス・ロックがいかに危険か



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブッシュ政権になってから、スポーツの国際試合見ると気持ち悪くていけねえな。みんな狂ったように「USA!USA!」の大合唱だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よ~く、お気持ちがわかりますねえ。

ちょっと前までは、僕もスポーツで日本代表やら日本人選手をやたらと気合い入れて応援してたんすけどねえ。いや、いまでも、一応は応援してんすけどねえ。なんか、最近、気合い入らなくて困ってる。日本のナショナリズムの高まりと反比例してる。あんなに楽しみにしてたり、燃えてたのに・・・。寂しいなあ。

もともと、ひねくれものだしなあ。
つか、昔は結構右だったしなあ。あれは、左が強かったからかなのかな。
なんだかんだいっても、周りに流されてますな。しっかりと、自分を持たなきゃな。
でも、根本にあるもの、一番大切だと思う理念そのものは、昔から変わってない気がする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカに生まれたのは偶然。偶然のことを誇りに思うなんてアホくさ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕自身としては、このロジックはどうかな?と思うんだけど、アメリカではアンチ愛国のロジックでは結構使われてんのかな。アメリカで聞いたこと目にしたことはあるが、目の前で直接誰かがこういうことを言うのは聞いたことない。

僕の印象だと、「好き・嫌いの感情なんて人の勝手。どうでもいい」みたいなテキトー、しかし当然、なロジックで語るアメリカ人が多かったかな。俺もちょっと前までは、こういうノリだったんだけど、そうも言ってらんなくなってきたな。

ところで、黒人のスタンドアップ・コメディは最高におもしろい。
下品できったねー話をベトベト・ドロドロ話すのがいい。

観客もおっさん・おばさんが、

「ウエ~~ッへッヘッヒャヒャッヒッヒ。ギュワッハッハッハ。ドフェッフェフヒャア~」

と、お下品に笑うところがまたいい。

いや、普通の映画でも、変なところで、一人で下品に笑うおっさんが必ずいるんだけど。


そーいや、クリス・ロックといえば、リーサル・ウェポンだけど、リーサル・ウェポン4は黒人ばっかの映画館で観たな。いや~、黒人さいこう。バカ笑いしまくり。おまえら、どこがそんなにおもろいんだよ、と。映画より、観客の反応の方が楽しい。

そーいや、「higher learning」も黒人さんたちばっかのとこでみたな。ジェ二ファー・コネリーのレズキスシーンでも、ギャ~ハッハ、と大爆笑。俺はそっちにウケた。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-23 10:26 | ナショナリズム


<< 西尾幹二 ドイツ 日本 メインページ 痛快・憲法学 >>