石原慎太郎と田中康夫
田中も石原のある側面に関しては誉めることもある。
これはよくわかる。
石原についてはそのうち。

ヤッシーですが、「なぜ新党を?」なんてマヌケな質問をメディアの方々はしてますが、そりゃ、あんたらの報道があまりにマヌケだからでしょう。政治家以外の郵政民営化法案反対論者がテレビに全然呼ばれない状況だからでしょう(あんなにテレビに出てた森田実が象徴的。本人もHPでさっぱりお呼びがかからないと嘆いてました)。

だから、少しでも小泉批判の声をテレビに出したい。小泉批判のシェアを増やしたい。ヤッシーが反対派に組するということは、「改革派vs守旧派(民主含む)」みたいな単純な話じゃないよと。これは民主党のためにもなる。自分をあえて安売りしたんだと思います。

「数合わせでは?という批判も」とか報道してますが、アホですか?亀さんに甲羅がのってますよ、と言ってるようなもんでしょう。大事な大事な5人目ですよ。もうアホかと。


石原慎太郎はどうした?ですよ。

野中広務は兄貴分。亀井は弟分。小林は息子分。

ずいぶん冷たいじゃあ~りませ~んか~。

昔(リアルタイムじゃ知りませんが)の石原だったら、アメリカの属国になるのか!とかやったはず(会見でちょろっと触れたようですが)。イラク戦争でも自衛隊派遣でも、石原はすっかり自分の支持基盤である『正論』『諸君!』系に合わせて反米から距離を置いてますね。

すっかり、NOと言えない人になってしまいました。

造反派が石原さんに「新党党首になってくれ」と頼んでるころ、自民党執行部は石原さんに「息子さん二人あずかってます」という電話をかけたそうな。これも影響してるのかな?三男さんの比例の順位が結構上だったすよね。

よしりんに、「ポチ」よばわりされてた西尾さんは立ち上がりましたよ。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-28 13:55 | ニッポン


<< 在日 姜 尚中 メインページ 西尾幹二 ドイツ 日本 >>