拉致問題どうなったん!?

選挙も終わりました。

拉致問題についてはいろいろ言いたいことありますが、とりあえず、「どうなってんだよ!」と思いますねえ。


私の基本的な考えは、

・被害者家族はマジでかわいそう。
・家族・「救う会」が世間に情報を小出しにするのも仕方がない。我々の関心が持続しないせい。
・旧革新勢力は無能だった。酷すぎ。
・「救う会」の連中には文句はいろいろあるが、一応評価しなきゃならない。
・平沢さんにも文句はあるが、それなりに評価する。というか、拉致問題では一番マシ。
・安倍さんは評価しない。
・小泉さんの取り組みも評価する。平沢さんと同じで結果的に一番マシ。
・重村さんは意味不明。というか、まったく役に立ってないような。
・安明進はかなりうさんくさい気がする。
・民主党はわけわからん。世論のウケ狙って強硬姿勢になったのはしゃーないとしても・・・。
・社民もよくわからん。
・共産は小泉さんに丸投げ。そんなんで、いいんかい!?
・韓国の太陽政策だいたい賛成。
・とりあえず、靖国参拝やめとけ。
・姜尚中に心情的には賛成。けど、実際は半分賛成。宮台についてもそう。
・田中均をそれなりに評価。というか、ボロくそ言われてるんで、一応応援。
・天木直人(姜尚中とは全然違うし、小泉・田中均をボロクソ言ってるけど)心情的には賛成。
・経済制裁は反対。
・でも、リアリストの立場はとらない。多少の国益を損なってでも、なんとかすべきと思う。
・というか、国家の威信なんてどうでもいいから、とにかく進展・解決させろ。
・進展・解決するのにほんとに役立つと判断したら、右から見てどんな国辱的なことでもやれ。


ま、細かい話はまた後で。


今回の選挙で、圧倒的な力を獲得したんだから、小泉さんには、それを背景にやる気見せてほしいですね。まさか、今までのが、支持率アップのためだけだったなんてことはないでしょうからね。いろいろ難しいのはよくわかってますが、常に拉致問題を頭に入れて、どうすべきか、何をすべきか、いつも考えていてほしいですね。


追記:家族が強硬路線主張するのは仕方がない。支援してくれる人たちが右だってのもあるが、穏便にやってください!じゃ迫力でない。政治にプレッシャーかけられない。ああいう主張をすることでしか、世間にアピールできない家族たちの悲惨な境遇に思いをめぐらしたい。


追記:民主党もいまさらながら、真面目に考えろ。まあ、真面目に考えれば考えるほど、難しいことを理解するから大変なんだけど。ウケ狙って強硬路線を演出したのは不真面目の裏返しとも言える。真面目で選挙勝てないのは今回証明されたけど。

で、世間ではタカとされる前原さんが、筑紫さんの番組で、「自分は安倍さんとは全然違う。経済制裁なんて一国でやっちゃダメ。安倍さんは無責任に世論を煽って人気者になった」みたいなことを言ってました。

あれ~?やっぱ、民主党の人たちの本音はこっちだったんでしょうね。ま、当然といえば当然なんだけど。う~ん。でも、変節というか、こういうのはどうなんでしょうか。政治とはそういうもんでしょうか。ちなみに、前原さんが拉致問題について具体的にどういうことを言ってきたかについては、チェックしてません。そのうち。
[PR]
by mudaidesu | 2005-09-16 10:07 | ニッポン


<< えびボクサー vs いかレスラー メインページ ネオコンの懺悔!?ブッシュ批判... >>