<   2005年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
姜 尚中
姜 尚中


在日 
在日 ふたつの祖国 
8月29日
http://mudaimudai.exblog.jp/834405/

今日、「バックラッシュ」は随所に見られるが、姜 尚中の期待するような日本社会になりつつあるのではないか。今日、姜 尚中が日本について、日本のために、ときには日本を批判しても、誰も違和感を抱かないだろう。ソニンのように、在日であることを堂々と明かし、それが売りでもあり、しかし、それも変な気負いもなく、ごく普通の日本に生きる女の子も芸能界にいる。李 相日が「69 sixty nine 」のような映画をつくる。和田アキ子がカムアウト(記事読んでないし、真意はわからないが)。

同化しつつあるのだろうか?それもまた寂しいことなのかもしれない。一世、二世の思いを記憶しながら、いかに生きれるかだろう。そして、それを記憶するのは、在日である必要もない、私のような日本人が記憶していくべきのものでもあるだろう。



参議院 法務委員会 平成04年05月12日

それから、最後に私の個人的な感情を申しますれば、もし日本という国が実に理不尽な理由で他国から侵略された場合、私は、先ほど例に挙げました日本の若者のように、海外に逃げることはまずないと思います。日本国内にとどまって非軍事的手段において徹底的に抗戦すると思います。したがって、私の方がはるかにロイヤルティーがあるということですね、少なくとも国家に対してじゃなくて日本の社会に対して。これは必ずしもアブノーマルではなくして、人々の生活の本拠がそこにある限りにおいてはその社会の構成員であり、そして立派に一つの仲間であるという観点があれば、国籍によるオール・オア・ナッシングという考え方、これがいかに狭い、そして実態のないものであるかということはすぐおわかりになるのじゃないでしょうか。それが私の基本的な感想です。



憲法調査会 平成13年03月22日
(『東北アジア共同の家をめざして』にも載ってたような)

さらに第六番目には、私が思いますに、ナショナリズムの要件をいかにして引き下げていくかということは、これは国家や国籍というものを通じて、人の身体、運命を決定する事態がますます少なくなっていく時代が来るということでもあります。
 
なるほど、人間の管理、出入国のために、国籍、国籍に準ずるような、人を分けていく、そのような資格要件がなければ国家間の関係が成り立たないということも私は重々承知であります。しかし、私が冒頭申し上げたとおり、日本に生まれたような私でも、メード・イン・ジャパンに対してある意味においては誇りを持っております。そのような人間が、国籍は違っても、日本の社会が理不尽な形で対外的な圧力を加えられ、もし国際的に見ても理不尽な侵略を受けた場合に、日本国籍を持っている人間が日本の国から逃亡しても、日本の社会に私個人はとどまってこの社会の防衛に当たるというような考え方もあり得ますし、ずっと前、私自身は参議院の公聴会の中でそのように申し上げました。
 
つまり、日本の社会に根づいている人間であれば、国籍を持たなくても、この社会を守るということが必然的に国際正義に妥当しているならば、この社会を守るということを、義務としてでなくても、そのように願望し、また、必然的にそのような行動をとるということであります。この社会が住みよい社会であり、そこに自分の本拠地があり、住民として生きていくということが普通のこととして考えられるような人々がいる限りにおいて、あえて国家やナショナリズム、愛国主義というものを唱えなくても、この社会をいわば守り、そしてこの社会の健全なあり方のために、場合によってはみずから進んで犠牲になることもいとわないということを、私自身は先生方の中に理解していただきたいということを申し述べておきたいわけです。

国会会議録検索システム



こう言わなきゃならない悲しさ。

第二次大戦の日系人部隊、ネイティブアメリカン部隊、---マイノリティはより国家に忠誠心を示さねば信用されない。いや、されなかった。過去形。健気に忠誠心を示した人たち。自己の生存のため、共同体のため。悲しい。いや、姜 尚中の発言の意図はこれとは全然違うのだけど、思い出したので。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-31 23:03 | ニッポン
在日 姜 尚中
在日 
在日 ふたつの「祖国」への思い
姜 尚中

テレビなどのメディアに出る意図
「在日」が日本について語ってもいいじゃないか。
朝鮮半島問題、在日問題以外について語っていいじゃないか。

しかし、そっちに時間・エネルギーをとられ、研究に支障をきたすようになった、
しかし、それでもやる。自分は「知識人」じゃない。社会的に発言するパブリック・コメンテーターの役割を引き受けていかなければならないと自分に言い聞かせてきた。

サイードに影響された。パレスチナ人でありながら。
サルトルやチョムスキーのように、いわゆる欧米の典型的な知識人でなく、

サイードは「在日」と同じように自分自身が幾重にも引き裂かれている存在だ。

サイードは「知識人とは何か」で「知識人とはアマチュアであると」。アマチュアでいいと。だからサイードを通じて、メディアで発言する根拠が持てたような気がした。自分がエキスパートとして知らなくても発言していいのだと。知らなくても、発言しなければいけないときがあると。

インサイダーでありアウトサイダー、また逆も、

サイードはフロイトを引き合いにだす。フロイトはアイデンティティを通じて国民や宗教が二分法的に分離されうるのでなく、むしろ自分の中に「他者」の痕跡を見出さざるをえないほど深く絡み合っていることを明らかにしたかったのではないか。

「わたしは80年代まで、つねに「在日」という回路を通じてしか日本をみていなかった。しかし、今はそうでもない。サイードのように幾重にも引き裂かれ、しかもそのどちらにも帰属できない自分が、どうやってメッセージを発していくのか、そのことを考え続け、実際に行動い移してみたのである。」
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-29 23:38 |
石原慎太郎と田中康夫
田中も石原のある側面に関しては誉めることもある。
これはよくわかる。
石原についてはそのうち。

ヤッシーですが、「なぜ新党を?」なんてマヌケな質問をメディアの方々はしてますが、そりゃ、あんたらの報道があまりにマヌケだからでしょう。政治家以外の郵政民営化法案反対論者がテレビに全然呼ばれない状況だからでしょう(あんなにテレビに出てた森田実が象徴的。本人もHPでさっぱりお呼びがかからないと嘆いてました)。

だから、少しでも小泉批判の声をテレビに出したい。小泉批判のシェアを増やしたい。ヤッシーが反対派に組するということは、「改革派vs守旧派(民主含む)」みたいな単純な話じゃないよと。これは民主党のためにもなる。自分をあえて安売りしたんだと思います。

「数合わせでは?という批判も」とか報道してますが、アホですか?亀さんに甲羅がのってますよ、と言ってるようなもんでしょう。大事な大事な5人目ですよ。もうアホかと。


石原慎太郎はどうした?ですよ。

野中広務は兄貴分。亀井は弟分。小林は息子分。

ずいぶん冷たいじゃあ~りませ~んか~。

昔(リアルタイムじゃ知りませんが)の石原だったら、アメリカの属国になるのか!とかやったはず(会見でちょろっと触れたようですが)。イラク戦争でも自衛隊派遣でも、石原はすっかり自分の支持基盤である『正論』『諸君!』系に合わせて反米から距離を置いてますね。

すっかり、NOと言えない人になってしまいました。

造反派が石原さんに「新党党首になってくれ」と頼んでるころ、自民党執行部は石原さんに「息子さん二人あずかってます」という電話をかけたそうな。これも影響してるのかな?三男さんの比例の順位が結構上だったすよね。

よしりんに、「ポチ」よばわりされてた西尾さんは立ち上がりましたよ。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-28 13:55 | ニッポン
西尾幹二 ドイツ 日本


町村さんも西尾さんの受け売りだな。

ドイツの文句言ってるだけかな。

ドイツがナチスのせいにした。

卑怯だ。って言いたいんだよね?


とういうことは、ドイツ国民は真摯に反省しちゃんとした態度をとらねばならない。という意味だろう。日本との関連でこういう話をするからには、論理の当然の帰結は、日本はドイツの真似(A級戦犯に罪を押し付ける=サンフランシスコ講和体制・日中共同声明)をせず、真摯な態度で戦争責任・加害責任に向き合うべき。となるだろう。なら、大賛成かも。

が、西尾さんたちはそうならない。ドイツは卑怯、日本が見習うところはないで終わり。そして、日本は悪くなかった!になってしまう。意味不明。悪くなかったなら、ドイツの話関係ないじゃん。


つか、ドイツのことくさすけど、結果はどうなんだろう?卑怯だろうがなんだろうが、周りがそれなりに納得してる、周りがドイツの歩みを評価してる。これについてはどう考えるのか?周りは卑怯なドイツに騙されてる?そりゃ、ちょっと言い過ぎじゃないのだろうか?

で、日本はどうよ?

で、周りからたいして評価されてない日本が「ドイツは卑怯者ですよー!」って世界に向けて発信するの?

すごい光景じゃない?

周りからの評価の低いのは日本の取り組みは足りないからじゃない?
これが普通の論理だよね?

え?違う?

それは、中国人・朝鮮人が卑しいからだって?

すごい光景ですね。世界から見たら異様ですよ。

A君が近所のB君C君をいじめました。
X君が近所のY君Z君をいじめました。

B君C君はA君のその後の態度にそれなりに満足しました。
Y君Z君はX君のその後の態度にあまり満足しませんでした。

X君が言いました。「A君は卑怯者だぞー!」「Y君Z君は卑しいぞー!」

X君やばくない?

モラルの大切さを説く保守主義者はX君みたいな子供が育たないように日々がんばってるはずだよね。


つか、「日本はもう謝っただろ!」という人は、「日本は謝るべき」と思ってるはず。
「最初から日本は謝る必要なし」と思ってる人は、「日本はもう謝っただろ」という権利なし。

いいとこ取りすんな、と。


つか、もう謝る必要ないのに、靖国参拝とかやってるせいで、また謝っちゃったりしてるんでしょ。



宮台真司 西尾幹二のトンチキな見解への批判(笑)を含む文章です


清水正義 ドイツ現代史を訪ねて
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-28 00:26 | ニッポン
愛国 by クリス・ロック

『「イラクは世界の脅威だ、恐ろしい国だ」とか言って
二週間で占領してやがんの!
てめえ、ボルチモアを二週間で制圧できるか?
(ボルチモアは最も恐い黒人スラム)

ブッシュ政権になってから、
スポーツの国際試合見ると気持ち悪くていけねえな。
みんな狂ったように「USA!USA!」の大合唱だ。

お前らナチかよ! マザーファッカー!

カウボーイハット被った白んぼどもがいい気になって大喜びだ。
「フランス野郎め! 戦争の邪魔しやがって!」だの
「アラブ野郎は皆殺しだ!」だの
「移民はテロリストが混じってるから追い出せ!」だの、威勢のいいこと。

お次の標的は黒人とユダヤ人だぜ。
うかうかしてるとやられるぜ!

「俺はアメリカ人だ! アメリカは最高だ!」とか言って
威張り散らす白痴どもが多くてヘドが出るぜ。
そんなに威張る権利がお前らにあるのかよ。

あんたが、もし、お国のために戦争に行って命を捧げたことがあるのなら
「俺はアメリカ人だ!」って威張ってもいいぜ。

あんたが、自分の意志でアメリカに来ることを選んで、
必死で海や川を渡って来て、一生懸命頑張って市民権を取ったのなら、
やっぱり「俺はアメリカ人だ!」って胸を張ってもいいぜ。
それだけの苦労をしたんだからな。

でも、それ以外の奴らはたまたまマンコから出てきたらアメリカだっただけじゃねえか! 

マンコの場所がアメリカだったくらいで、そんなに偉そうにするな!

そんなこと赤ん坊だってできるぜ!』


アカデミー賞司会のクリス・ロックがいかに危険か



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブッシュ政権になってから、スポーツの国際試合見ると気持ち悪くていけねえな。みんな狂ったように「USA!USA!」の大合唱だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よ~く、お気持ちがわかりますねえ。

ちょっと前までは、僕もスポーツで日本代表やら日本人選手をやたらと気合い入れて応援してたんすけどねえ。いや、いまでも、一応は応援してんすけどねえ。なんか、最近、気合い入らなくて困ってる。日本のナショナリズムの高まりと反比例してる。あんなに楽しみにしてたり、燃えてたのに・・・。寂しいなあ。

もともと、ひねくれものだしなあ。
つか、昔は結構右だったしなあ。あれは、左が強かったからかなのかな。
なんだかんだいっても、周りに流されてますな。しっかりと、自分を持たなきゃな。
でも、根本にあるもの、一番大切だと思う理念そのものは、昔から変わってない気がする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカに生まれたのは偶然。偶然のことを誇りに思うなんてアホくさ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕自身としては、このロジックはどうかな?と思うんだけど、アメリカではアンチ愛国のロジックでは結構使われてんのかな。アメリカで聞いたこと目にしたことはあるが、目の前で直接誰かがこういうことを言うのは聞いたことない。

僕の印象だと、「好き・嫌いの感情なんて人の勝手。どうでもいい」みたいなテキトー、しかし当然、なロジックで語るアメリカ人が多かったかな。俺もちょっと前までは、こういうノリだったんだけど、そうも言ってらんなくなってきたな。

ところで、黒人のスタンドアップ・コメディは最高におもしろい。
下品できったねー話をベトベト・ドロドロ話すのがいい。

観客もおっさん・おばさんが、

「ウエ~~ッへッヘッヒャヒャッヒッヒ。ギュワッハッハッハ。ドフェッフェフヒャア~」

と、お下品に笑うところがまたいい。

いや、普通の映画でも、変なところで、一人で下品に笑うおっさんが必ずいるんだけど。


そーいや、クリス・ロックといえば、リーサル・ウェポンだけど、リーサル・ウェポン4は黒人ばっかの映画館で観たな。いや~、黒人さいこう。バカ笑いしまくり。おまえら、どこがそんなにおもろいんだよ、と。映画より、観客の反応の方が楽しい。

そーいや、「higher learning」も黒人さんたちばっかのとこでみたな。ジェ二ファー・コネリーのレズキスシーンでも、ギャ~ハッハ、と大爆笑。俺はそっちにウケた。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-23 10:26 | ナショナリズム
痛快・憲法学
痛快・憲法学
小室直樹


民法=国民への命令、○○をしてはならない。
刑法=裁判官への命令、裁判官を縛るもの。○○をした者は、□□の罰金・懲役に処す。
。。。罪刑法定主義・・・憲法31条

刑事訴訟法ーー検察はじめ行政を縛る。

★★裁判で裁かれるのは検察はじめ行政側★★

More
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-21 22:21 |
日本国憲法の精神
日本国憲法の精神
渡辺洋三


『国民主権の考え方からすると、国民は一人ひとりが政治の主体でありますから、中立ということはありえないことです。日本語の「中立」というのは、たとえばAとBという人が争っている、その争いにたいして関係のない第三者のCという人が中立だ、という意味です。

けれども、政治についてはすべての国民が当事者ですから、第三者にあたる人はいないわけです。そういう意味で、国民主権の原則からは政治的中立という考え方は出てくる余地がありません。国民は、どんな立場でもいいのですが、とにかくなんらかの政治的立場を持っていなければならないはずです。

ところが日本では「どの立場にも属さない」ことが政治的中立という言葉で語られています。こういうことが通用するのは日本ぐらいではないでしょうか。 日本人は自分の政治的立場を明らかにして議論するということをしません。

私はこれを日本社会の非政治的体質と呼んでいます。自分の政治的立場を明らかにして行動すると、何か片寄っているというようにみられがちです。ほんとうは、片寄っていない人というのはいないはずなのです。

例えば自民党から見れば共産党は片寄っているし、共産党から見れば自民党は片寄っているわけで、つまり、相対的なものです。それが日本では、どこにも属さないことが片寄っていないことになるという変な理解とすりかわってしまいます。

これは非常に大きな問題です。日本の社会で政治運動がたいへんやりにくいということも実はこれと関係があります。政治運動を行うと、片寄っている特別な人間のように見られるという社会的土壌は、根本的に民主主義の歴史が浅いというところからくるのだと思います。このように、日本社会における政治的後進性というべきものが国民の意識の中にもあるのです。』
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-20 22:52 |
単一民族神話の起源
単一民族神話の起源
小熊英二


「人間が生きていく以上、ある程度の類型化はやむをえない。だが、直接に向かい合いながら少しづつ類型をつくる努力を怠り、わずかな接触の衝撃にすら耐えきれずに神話の形成に逃避し、一つの物語で世界を覆いつくそうとすることは、相手を無化しようとする圧力である。この逃避こそ、あらゆる神話の起源にほかならない。」
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-20 00:08 |
彼女たちの連合赤軍
彼女たちの連合赤軍
大塚英志


『永田と殺された女性たちを隔てているのものは左翼思想の路線の対立などではない。彼女たちの対立を左翼思想のことばでしか語りえない、そのような思考の枠組と、やがて消費社会的感受性へと連なっていくことになる「かわいい」の話に象徴される女たちの感覚である。』
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-15 23:04 |
ネルソン・マンデラ自伝
自由への長い道
ネルソン・マンデラ


『アメリカの保守的な新聞「ワシントン・タイムズ」(世界日報とお友達)の記者ふたりによる(刑務所への)訪問は、あまり愉快なものではなかった。このふたりは、わたしの考えを聞き出すより、わたしが共産主義者でテロリストだと立証することのほうに熱を入れているようだった。』
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-14 23:44 |


メインページ