<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
愛国心vs祖国愛 3  パトリオティズム


愛国心vs祖国愛 1愛国心vs祖国愛 2を書いた後にこんなん↓見つけた。

↑で、パトリティズムやナショナリズムの意味や使い方みたいなことについて、書いたけど、


Wiliquate - patriotism
  

↑に、昔の有名な人が「パトリオティズム」について言及したものを並べてある。
いわゆる明言集。パトリオティズムとはなんぞやと。

つづき
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-28 12:19 | ナショナリズム
愛国心vs祖国愛 2  国益主義


愛国心vs祖国愛 1  by 藤原正彦のつづき。っぽい。

また藤原正彦さんの表現でちょっと気になったこと。


「愛国心なんて今すぐ廃語にすべき言葉です。この言葉は明治以来の失敗の最大の原因でしょ。愛国心という言葉には、二つの相反する異質なものが混じっている。一つはナショナリズム。これは国益主義で、他国はどうでもいいという考え方。二つ目はパトリオティズム。つまり祖国愛。これはすべての人間が当たり前に持っていないといけない。でも、戦後の日本は両方を捨てた。それで、今ごろになって、汚い手あかの付いた愛国心という言葉を使おうとしている」・・・

教育基本法改正案 藤原正彦氏に聞く【「愛国心」今すぐ廃語に】―「東京新聞」


つづく
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-27 12:08 | ナショナリズム
民主党意味不明出口調査


千葉の補選の出口調査。↓

・・・05年に自民を圧勝させた原動力は、主に都市部の「無党派層」「女性」「若年層」だったが、それらの人たちの投票行動の推移を見ると、グラフのような変化を見せている。無党派層は今回、57%が太田和美氏(民主)に、30%が斎藤健氏(自民)に投票した。この差が、民主の最大の勝因となった。

女性と若年層は「親自民」の傾向を強めている。特に女性は大きく自民に傾いた。民主の女性候補が女性有権者に嫌われるのは、最近の選挙では全国共通の現象だが、今回は女性有権者のうち太田、斎藤両氏が拮抗(きっこう)しているのは40代だけで、他の世代はいずれも斎藤氏が太田氏に大差をつけた。一方、男性有権者に限れば、太田氏が斎藤氏を大きく上回っており、これほど男女の投票傾向に違いが見られる例は珍しい。

20代、30代が「親自民」の傾向を強める中で、40代、50代は民主優勢。特に40代は05年の自民優勢から民主優勢に逆転した。 ・・・

女性と若者は自民、40~50代民主 衆院補選出口調査


つづき
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-26 20:20 | ニッポン
好きだ、 宮崎あおい


愛国心だのナショナリズムだのにこだわってるなら、この映画を観なきゃお話にならない。





More
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-23 23:46 | 映画
ミュンヘン 2  政治性とのつきあい


「ミュンヘン」とか宗教右派とか他のこととかのつづき。頂いたコメントへのコメントとして。

コメント頂いたryoddaさんの「ミュンヘン」についての文章は↓。

奴らに深き眠りを@ミュンヘン

マジですばらしい。最高。コメントでも書いたんだけど、あの映画からここまで抽出してくるなんて感嘆しきり。ほんとにオレは同じ映画を観たのかよ、と思っちゃうくらい。オレはいったい何を観てたのかと。何を考えてたのかと。自分の浅さを痛感しまくり。

More
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-20 23:59 | 映画
愛国心vs祖国愛 1  by 藤原正彦 


藤原さんの「国家の品格」がやたらと売れてる(百数十万部?)ようだけど、僕は読んでない。忘れたころにでも読もうかと思ってるけど。ナショナリズム・フェチ野郎としてはチェックしとくべきなんだろうけど、あんまりそそられないし別にいいや、って気分でやる気なしの僕。

んで、藤原さんへのインタビュー記事があった。本を読んでないのに、この記事だけに喰いつくってのもなんだかなーだけど、気にしない気にしない。ちょっと引用↓。

More
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-18 22:48 | ナショナリズム
The の使い方 オリバー・ストーン


「stop the koizumi」の「the」はおかしいんじゃないかって話があるようだけど、それについてちょっと。部外者の僕がどうだこうだってのはなんだかなーだし(いろいろあって、一応、リンクはしてるけど)、どっちにしろよくわからんけど、これ系のちょっと興味深い小ネタを一つ。

More
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-18 19:55 | アホ・文化
しつこく愛国ネタ。僕のフェティシズム。


なんでもかんでもナショナリズムな話に回収してきたけど、また素朴なことをちょっと。というか、ナショナリズムなネタばかりのブログになりつつありますが。


つかさ、愛国心フェチの国会議員の先生方に聞きたいのは、愛国心の定義より、愛国心がないってのはどういう人か。それについて細かく説明してほしい。具体的に。

んで、聞きたい。個人名をあげて。この人は愛国心ありますか?と。社民やら共産やらの議員やら知識人の個人名をあげて。この人は愛国者?と。愛国心フェチの先生方の主観で結構ですと。

MORE not WITH
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-15 01:47 | ナショナリズム
日本人の美徳。保守の道徳。


白バラの祈り」のコメント欄での村野瀬玲奈さんとのやりとりから思い出したこと。「いわゆる保守」の方々のモラルについて。「日本人の美徳」をしつこく信じる「真の保守」な僕(笑)が思ったこと。


まあ、自国を免罪するためのそういう言説(屁理屈)ってのは誠実じゃないですね。西尾幹二さんなんかも、戦後のドイツをボロクソ言ってますよね。他者(元同盟国!)を貶めて、自分は開き直るってのは日本人の美徳に反します(笑)。・・・

私としてはアンチ近代なところもありますし、どうせなら保守主義者になっても別にいいんですが(実際は全然違いますけど)、最近の「いわゆる保守派」には全然シンパシーを感じません(笑)。私が愛着を感じる「日本人の美徳」を「いわゆる保守派」の方々にはまったく見出せません(笑)。

白バラの祈りのコメント欄


とか書いた。

More
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-12 22:45 | ナショナリズム
イラク人質問題 19  小林よしのり


よしりんは一生懸命に人質を擁護してた。
特に高遠さんを。あいつはすげーよ、みたいな。

よしりんは人質擁護本まで出してた。

まあ、「親米ポチ」を叩くのが主な目的でもあったと思うけど。

More
[PR]
by mudaidesu | 2006-04-07 18:17 | イラク人質事件


メインページ