タグ:外交 ( 24 ) タグの人気記事
ダブスタ&ゼロサム


これはマジでメモね。疑問・不思議に思ってたりすることを考えながら、ちょっと書いとく。

ダブスタとゼロサムの二つは、ある思想傾向の特徴だと思う。どちらも、僕からすれば、基本的にはネガティブイメージ。

けど、ダブスタの方は、ダブスタ上等だ、コノヤロー!と開き直る強さを持つことを勧めたい。それでいいと思う。そもそも、ダブスタ気にしてたら、「愛国」なんて叫べないでしょう。ダブスタをダブスタと認め自覚し、それでもなお、そう感じざるを得ない強い感覚・実感・経験を素直に吐露しちまえと。それが強度だ。無理して論理一貫性を装うから、わけわからん、つまらん、魅力のない議論にしかならんのだと。ガキの言い訳のような屁理屈にしかならんのだと。

ここのコメント欄で「私としては、立派な右翼や保守の方々に、<嫌悪感→レイシズム→国粋>の順序で人びとを動員するのでなく、もっともっと落ち着いて高尚な「日本論」を語ってほしいです。嫌悪や憎悪や怨念まみれじゃなく、日本人についても他者についても、もっと愛情に満ち溢れた言葉で語ってほしい。他所や他人を引き合いに出さずに、日本や日本人のすばらしさを語ってほしい。実際、私は自分なりに、そうやって日本や日本人のすばらしさ、日本や日本人に対する愛着を語れます。知識なんていりませんよ(私ないですし)。論理じゃないですよ。日本で生きてきた「実感」(保守の語彙ですよ)で十分です。へタレハンニチサヨの私にできて、右翼や保守にできないはずがない。」と書いた。

というか、文句系、憎悪系、怨念系じゃない立派な保守・右翼の論者を誰か紹介して。バッシング・マーケットとは無縁の人を。僕の魂が揺さぶるような人を。僕の脊髄から脳のあたりを刺激しまくってくれそうな人を。


で、ゼロサムですよ。ゼロサム。基本的には、アホくせーと思うんですけどね。↑のダブスタと違って、ゼロサム思考にはなんの魅力も感じないんですよね。レイシスト的思考もゼロサムですよね。善悪二元論的なところがあって。陰の中に陽があって、陽の中に陰があってみたいなアジア文化の良さとは正反対の。善悪二元論は一神教の文化の専売特許だ、みたいな話もありましたが、そうでもないですねえ。善悪二元論はダブスタの温床でもありますな。

アメリカとの関係、中国・韓国との関係って話になるとゼロサム思考が顕著にでますね。中韓ともうちょっと仲良くしようって話になると、中韓の属国になるのか!って・・・。よほど日本に自信がないのかなんなのか・・・。

アメリカとのズブズブが100としたら、現在の中国となんて10程度でしょう。韓国は15くらい。だから、アメリカを70くらいにして、中国を20くらい、韓国を30くらいにしようぜ、って話でしょう。小泉前なんてもうちょいマシだったでしょう。せめて、小泉前くらいには戻そうよと。誰も、中韓を100にして、アメリカは20にしろ、なんて思ってないって。

というか、中国・韓国の軍隊が5万人近く駐留して、その経費に何千億も献上して、日本の空を中韓軍に優先的に使わせて、そのうえ、安保政策のみならず、経済・金融政策的にも中韓政府の言うとおりに「改革」していくようなことには絶対しないだろう。そこまで、中韓にやらせることに抵抗しないならまさに「売国」でしょう。属国ってのはそういう状態。というか、それでもまだ中韓はマシかも。だって、中韓はどっかの国と違って、日本人何百万人もぶち殺して正義の味方ぶってないし。そのどっかの国に媚びへつらうよりまだ抵抗ないかも。


あと、ゼロサムで有名なのが国際関係理論の(ネオ)リアリズムですよ。こっちは善悪二元論みたいな話じゃない。そういう善悪は完全に理論から排除されてる。国家の中身なんて関係ない。ケネス・ウォルツさんによると、国家はビリヤードのボールみたいなもんだそうですから。サイエンティフィックな理論です。ゼロサムだと、どっちも得する(win-win)なんてことはない。どっちかが得して、どっちかが損する。万人の万人に対する闘争っすから。そんなに国家の数ないけど。

はっきり言って、というか、素朴にこの概念はとっくに破綻してんじゃねーの?とか思うんですけどねえ。

おまけに、リアリズムによると、「国家だけ」が国際関係のアクターだそうです。個人や国際機関(国連など)や(多国籍)企業やNGOはアクターではない。なんてのは破綻してるでしょ。でも、実際には、そうでもないんですよねえ。学問の世界でも、ネオリアリストvsネオリベラル&リベラルでいまだに延々とバトルしてるようなんですよねえ。

現実の国際政治上でも、ゼロサム的思考は根強いですしねえ。日本の論壇なんてそんなんばっかですしねえ。でも、ゼロサム全開の日本の論壇の議論はリアリズムのかけらもないですしねえ。どーなってんでしょうか?


なにげにこの親和性は不思議ですねえ。
善悪排除のリアリズム的思考から導きだされるゼロサム。
善悪二元論的思考から導きだされるゼロサム。

わけわからん。

無理やり仮説:保守→善悪二元論的(ダブスタ)→ゼロサム=ゼロサム←リアリズム=善悪排除

リアリズムと保守が近いんじゃなくて、お互いの行き先のゼロサムが近いとか?

って、そんなシンプルな話じゃないっすね。なんだか、ゼロサム=攻撃的なイメージで語ってきましたけどそういうわけでもないですしね。保守やリアリスト=冷静って時代もあったし、リアリストはいまだに冷静(のはず)だろうし。そもそも、本当の保守って善悪二元論みたいな単純な議論は嫌うだろうし。ポピュリスティック(こんな言葉ないよね)な善悪二元論を嫌悪するだろう。

というか、最近はリアリストの方がゼロサムじゃなくて、win-winを模索してるような気がすんだけど。日米共に。というか、あまりに一部の勧善懲悪・善悪二元論的ゼロサム思考が酷くて、リアリストがびびっちゃってんのかな。

普通に考えれば、国益重視のリアリストなら靖国参拝には反対する。外交に善悪やら魂の問題を持ち込むな、と考える。ここで、当然予想される反論は、長期的に考えれば靖国参拝は国益になる、というものだろう。しかし、それはあくまで希望的観測でしかない。リアリストなら、そんな予測不可能な遠い将来のために、目の前の国益を犠牲にするなんて愚の骨頂だと考える。

そもそも、「長期的に考えれば国益にもなる」的な発想は、リベラルがリアリスト側にぶつけるものであった。リアリストがリベラルのナイーブなあまちゃん的発想を「国益にならん」と切り捨てる。それに対して、リベラル側が、「いや、長期的に考えれば国益にもなる」とリアリストの国益優先的発想を逆手にとって、素朴に反論した。国連重視や人権重視のほうが、後々、絶対得になるって!みたいな議論。ジョセフ・ナイの「ソフト・パワー」の概念なんてのもそれ系だろう。

というわけで、最近の日本の保守論壇の思考回路はリアリスト的ではなく、リベラル的なのではないでしょうか。(というかネオコン的ね。)リベラル的なのは思想の中身(人権重視や国際協調)ではなくて、(リアリストから見て)ナイーブあまちゃんな思考の回路(希望と現実の混同)ね。ちなみに、基本的には、僕はナイーブあまちゃんなリベラル的な思考回路で国際政治を見てますよ。

というか、「気にいらねー」「ムカツク」「許せねー」「気持ちいい」「スカっとする」みたいな感情が入っていたら、「好き」とか「嫌い」みたいなノリがあったら、即notリアリズム。だからなんなのさ、なんだけどね。


なんか、意味不明な文章になっちゃってごめんなさいね。見切り発車だったんで。いつものことですが。かなりわけわかりませんね。自分でも全然わかってないんで。自分のために考えながらなんで。説明も怠ってますし。いまさらですが。マジでメモなんで。


なんか、パーマンのことふと思い出しましたよ。今、突然。全然関係ないんだけど。手を繋いで飛ぶと、スピードが2人のときは2倍、3人だと3倍っておもしろいなあと。




というか、「小泉さんが靖国行って一番大喜びしてるのは中国・韓国の右翼・反日勢力ですよ。逆に、一番悲しんでるのが、日本人と仲良くしたい中国人・韓国人たちですよ。」と一昨日くらいに書いたけど、マジで、中韓の親日ピーポーのために靖国はやめとけって。もう遅いけど。

中曽根さんはそうした。圧力に屈したんじゃなくて、中国の親日派のために靖国参拝やめたんだって。

つか、そのうち、90年代後半のパレスチナ問題みたいになっちゃうよ。双方の強硬派や過激な連中が暴れまくって、双方の穏健派の立場がどんどん悪くなる、みたいな。構図としては同じ。というか、世界中の問題はみんなこの構図だけど。

相手側の穏健派が強くなる=自分たちの利益になる=win-win、を目指すなら、靖国参拝みたいなことやって相手側の強硬派を喜ばし、穏健派を窮地に陥れるのは愚の骨頂よ。あくまで、外交的にはね。

外交なんてどうでもいい、アメリカについてけばいい、ってノリの小泉さんからすれば、↑のことなんてどうでもいいんでしょうね。てめーの国内政治用のパフォーマンスに役立てば。相手の国の反日勢力を喜ばして、日本国内のナショナリズム煽って、自分の得点上げて、日本国内の政敵にダメージを与えられればそれでいいんでしょう。



靖国問題について
<フランシス・フクヤマ>論争 リベラル ネオコン フェミ
リアリストのリアリズム  イラク戦争反対
[PR]
by mudaidesu | 2005-10-20 13:42 | ナショナリズム
拉致問題どうなったん!?

選挙も終わりました。

拉致問題についてはいろいろ言いたいことありますが、とりあえず、「どうなってんだよ!」と思いますねえ。


私の基本的な考えは、

・被害者家族はマジでかわいそう。
・家族・「救う会」が世間に情報を小出しにするのも仕方がない。我々の関心が持続しないせい。
・旧革新勢力は無能だった。酷すぎ。
・「救う会」の連中には文句はいろいろあるが、一応評価しなきゃならない。
・平沢さんにも文句はあるが、それなりに評価する。というか、拉致問題では一番マシ。
・安倍さんは評価しない。
・小泉さんの取り組みも評価する。平沢さんと同じで結果的に一番マシ。
・重村さんは意味不明。というか、まったく役に立ってないような。
・安明進はかなりうさんくさい気がする。
・民主党はわけわからん。世論のウケ狙って強硬姿勢になったのはしゃーないとしても・・・。
・社民もよくわからん。
・共産は小泉さんに丸投げ。そんなんで、いいんかい!?
・韓国の太陽政策だいたい賛成。
・とりあえず、靖国参拝やめとけ。
・姜尚中に心情的には賛成。けど、実際は半分賛成。宮台についてもそう。
・田中均をそれなりに評価。というか、ボロくそ言われてるんで、一応応援。
・天木直人(姜尚中とは全然違うし、小泉・田中均をボロクソ言ってるけど)心情的には賛成。
・経済制裁は反対。
・でも、リアリストの立場はとらない。多少の国益を損なってでも、なんとかすべきと思う。
・というか、国家の威信なんてどうでもいいから、とにかく進展・解決させろ。
・進展・解決するのにほんとに役立つと判断したら、右から見てどんな国辱的なことでもやれ。


ま、細かい話はまた後で。


今回の選挙で、圧倒的な力を獲得したんだから、小泉さんには、それを背景にやる気見せてほしいですね。まさか、今までのが、支持率アップのためだけだったなんてことはないでしょうからね。いろいろ難しいのはよくわかってますが、常に拉致問題を頭に入れて、どうすべきか、何をすべきか、いつも考えていてほしいですね。


追記:家族が強硬路線主張するのは仕方がない。支援してくれる人たちが右だってのもあるが、穏便にやってください!じゃ迫力でない。政治にプレッシャーかけられない。ああいう主張をすることでしか、世間にアピールできない家族たちの悲惨な境遇に思いをめぐらしたい。


追記:民主党もいまさらながら、真面目に考えろ。まあ、真面目に考えれば考えるほど、難しいことを理解するから大変なんだけど。ウケ狙って強硬路線を演出したのは不真面目の裏返しとも言える。真面目で選挙勝てないのは今回証明されたけど。

で、世間ではタカとされる前原さんが、筑紫さんの番組で、「自分は安倍さんとは全然違う。経済制裁なんて一国でやっちゃダメ。安倍さんは無責任に世論を煽って人気者になった」みたいなことを言ってました。

あれ~?やっぱ、民主党の人たちの本音はこっちだったんでしょうね。ま、当然といえば当然なんだけど。う~ん。でも、変節というか、こういうのはどうなんでしょうか。政治とはそういうもんでしょうか。ちなみに、前原さんが拉致問題について具体的にどういうことを言ってきたかについては、チェックしてません。そのうち。
[PR]
by mudaidesu | 2005-09-16 10:07 | ニッポン
ネオコンの懺悔!?ブッシュ批判!?by フランシス・フクヤマ

<フランシス・フクヤマ>論争 リベラル、ネオコン、フェミ

↑で、フランシス・フクヤマがリベラルだ、ネオコンだ、保守だ、なんだかんだ書きました。「クリントンへの、あの有名な「フセイン打倒しろや!」手紙にネオコンさんたちと共に署名した一人ですし」とも書きました。

で、今、さっき、こんな文章を見つけてしまいました。

今年の8月31日、フクヤマさんが「ニューヨーク・タイムス」にこんな論考を発表しました。ところどころちょっとだけ紹介。

Isolationist Invaion (孤立主義者のイラク侵攻)

The Bush administration could instead have chosen to create a true alliance of democracies to fight the illiberal currents coming out of the Middle East. It could also have tightened economic sanctions and secured the return of arms inspectors to Iraq without going to war.

(ブッシュ政権はもっとちゃんとした民主国家連合を組めたかも。戦争せずに、経済制裁強化したり武器査察をちゃんとやれたかも。)

Are we failing in Iraq? That's still unclear. The United States can control the situation militarily as long as it chooses to remain there in force, but Americans' willingness to maintain the personnel levels necessary to stay the course is limited.

(我々はイラクで失敗してる?やる気出せば軍事的にイラクの状況をコントロールできるが、アメリカ人のやる気にも限界が・・・。)

We do not know what outcome we will face in Iraq. ・・・. There was nothing inevitable about this. There is everything to be regretted about it.

(イラクでどんな結果になるかようわからん。9.11以降、避けられない、必然的なことは何もなかった。めっちゃ後悔することだらけです。)

Isolationist Invasion  Francis Fukuyama
The New York Times 8/31, International Herald Tribune 9/1


なんだか、奥歯に物が詰まったような文章です。私の訳がアホっぽいので感じが出てませんが、実際の文章はどよ~んとした感じです。ここ数年のフクヤマさんの議論はさっぱり知らないのですが、なんかこの文章はシンボリックなものになりそうです。フクヤマさんが戦争前どういうこと言っていたかは知りません。あの「フセイン打倒しろや!」手紙に名前が出てるというだけで。

想像ですが、戦争前の、フランス・ドイツのようなリベラル・デモクラシー国家を馬鹿にするような風潮には組していなかったのではないかと。きちんとリベラル・デモクラシーの同盟は組んどけ、と思っていたのでは。リアリズムの立場からでなく、リベラルな国際主義の立場から。昔から、孤立主義者と立場は異にしていたし。そのうち、チェックしてみたいと思います。



リアリストのリアリズム イラク戦争反対
[PR]
by mudaidesu | 2005-09-15 18:22 | 世界
<フランシス・フクヤマ>論争 リベラル ネオコン フェミ

フランシス・フクヤマさんといえば、『歴史の終わり』ですね。1989年、『ナショナル・インタレスト』誌に載った「歴史の終わり?」という論文で一躍コントラバーシャルな論壇スターになりました。ちなみに、この『ナショナル・インタレスト』はネオコンの「創設者(?)」、アービング・クリストルさんの作った雑誌です。「国益」って雑誌名、かっこいいですね。

フクヤマさんは、リベラル・デモクラシーが「人類のイデオロギー上の進歩の終点」及び「人類の統治の最後の形」になるのかもしれないし、よって、リベラル・デモクラシーの勝利した今、「歴史は終わった」んですよ~、みたいなことを主張しました。(ちょっと書き直した)

このとき、フクヤマさんは、ランド研究所という共和党系のシンクタンクにいましたが、当時の、というかブッシュ政権前までは、共和党の外交政策はジェシー・ヘルムズ外交委員長に代表されるリアリスト路線が強かったので、フクヤマの議論は少し驚ろかれたようです。

共和党系の孤立主義的リアリスト(バランス・オブ・パワー系)は、クリントン政権のリベラル的外交(例:人権重視・人道的介入・国連重視など)を激しく批判してました。一方のフクヤマさんは、第三世界の「民主主義」とかについて、「歴史の終わり」と同じでヘーゲル的な歴史観(左翼・進歩的)に基づいてガンガン議論してました。ようするに、平和は「バランス・オブ・パワー」によってもたらされるのではなく、リベラル・デモクラシーが普及することによって、みたいなことを。いわゆる「デモクラティック・ピース」みたいな。というわけで、当時は、フクヤマさんの議論はリベラル国際関係理論の典型として教科書に載っていたようです。(ちょとと書き直した)

そんなフクヤマさんですが、今日ではすっかりネオコンさんと見られているようですね。クリントンへの、あの有名な「フセイン打倒しろや!」手紙にネオコンさんたちと共に署名した一人ですし。最近の議論をチェックしてないのでよくわからんですけど。まあ、↑の経緯を考えればうなずけますが。おまけに、彼はレオ・シュトラウスの弟子の弟子です。ちなみに、「歴史の終わり」の日本語への訳者がゴリゴリ保守の渡部昇一さんです。

ようするに、リベラル国際関係理論が、変異を起こしてネオコン理論になっちゃったみたいな。ネオコンってのはもともと左翼的な人が多い。↑のアービング・クリストルさんによると、自分(ネオコン)は、「liberal mugged by reality (リアリティにやられちゃったリベラル)」だと。(付け足した)



***とか書いたら、彼のブッシュ政権批判(?)見つけちゃいました。次のエントリーで。
ネオコンの懺悔!?ブッシュ批判!?by フランシス・フクヤマ


これ系の話で簡単に読めておもしろいのが↓

宮台真司 解題:ナタン・シャランスキー『民主主義論』


で、そんなフクヤマさんですが、なにげにこんな論争もしてます。

もし女性が世界政治を支配すれば・・・
Women and the Evolution of World Politics

フランシス・フクヤマ /ジョージ・メイソン大学政治学教授

「競合的な目的の一つをめぐって団結し、ヒエラルヒーにおける支配的な地位を求め、相互に攻撃的熱狂を示すという男性の傾向は、他の方向へと向かわせることはできても、決して消し去ることはできない」。

したがって、一般に男性よりも平和を好み、軍事的介入に否定的な女性たちが政治を司れば、世界の紛争は少なくなり、より協調的な秩序が誕生するかもしれない。人口動態からみても、すくなくとも民主的な先進諸国では今後政治の女性化が進んでいく可能性が高い。

だが、男性的で野蛮な無法国家の存在が今後当面はなくならないと考えられる以上、かりに男性政治家は必要でないとしても、依然男性的な政策は必要になるだろう。

「生物学は運命ではない」が、人が生物学的性格から自らを完全に切り放すのも不可能である。必要なのは、人間の本質がしばしば邪悪であることを素直に受け入れて、人間の粗野な本能を和らげるような政治、経済、社会的システムを構築することだ。

この点、社会主義や急進的なフェミニズムとは違い、「生物学的に組み込まれた本性を所与のものとみなし、それを制度、法律、規範をつうじて封じ込めようとする」民主主義と市場経済のシステムは有望である。二一世紀の世界政治が穏やかな秩序になるかどうかを占うキーワードは「女性」そして民主社会の多様性である。

フォーリン・アフェアーズ 、 『論座』 


フクヤマの愚かな議論
Fukuyama's Follies: So What if Women Ruled the World?


1.男だって戦争は好きじゃない
  Men Hate War Too
  バーバラ・エーレンリック (作家)

2.フクヤマの議論は前提から間違っている
  Perilous Positions
  ブライアン・ファーガソン (ラトガーズ大学人類学准教授)

「遺伝的に攻撃的な性質を持つ男性に代わって、より穏やかで争いを好まない性質を持つ女性が政治に参加し、その比重が増していけば、国際関係はより平和になる」。フランシス・フクヤマは、論文「もし女性が世界政治を支配すれば」でこう主張した。

フクヤマは、男性(オス)の攻撃性は遺伝子に組み込まれているとし、その例として、オランダやタンザニアで見られたオスチンパンジー同士の残虐な闘いや、数万年前からあったとみられる男性による大量虐殺を挙げる。しかも、環境や文化をつうじて、遺伝子に刻まれた男性の攻撃的な性格を克服する試みには限界があると主張した。

人類学、そして広く社会科学全般が、性、民族、人種の普遍性を基盤に、思想や理論を組み立ててきただけに、フクヤマの指摘は大きな波紋をよんだ。以下は、文化や環境から人間が受ける影響、フェミニズム、そして人類学の立場からのフクヤマ論文に対する重厚な反論

フォーリン・アフェアーズ


これ以外にも、あっちこっちでぶった切られてたそうな。

朝日新聞の船橋洋一さんによる、この論争の簡単な紹介↓。

「女の平和」を提唱するフランシス・フクヤマが浴びた集中砲火  

男性のほうが女性より攻撃的で、権力と地位への欲望が強い。こうしたムキムキマンが社会を牛耳っていることが戦争を生みやすくしている。世界を平和にするには、まずは人間(男性)の獣性をありのまま認めることだ。そして、非攻撃的な女性の抑止力をもっともっと使わなければならない。女性の政治参加を促し、女性に指導的な立場に立ってもらうことだ。

More
[PR]
by mudaidesu | 2005-09-15 15:32 | 世界


メインページ