タグ:愛国 ( 54 ) タグの人気記事
小泉応援団長 日本ネオリベ保守重鎮 古森義久のレイシズム!?




小泉竹中堀江米国市場原理弱肉強食黒人貧困嗚呼絶望憂鬱

↑で、アメリカ、黒人の境遇、小泉・竹中・堀江、ネオリベ等々について書きましたが、今、さっき、ぶっ飛んでしまいました。嫌なものは連続して見てしまうのでしょうか。


成城トランスカレッジ!経由で鬼のような文章を発見してしまいました。酷すぎます。大物のものです。産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・論説委員、古森義久さんの文章です。日本のイラク戦争大賛成・親米反中保守の重鎮です。大物です。本もたくさん売れます。ついでに、一部の人たちの間では下の発言が話題になってます。たしかにこれもすごいですね。


【古森義久の眼】予測ミスの“戦犯”追及 
 
米国ではイラク戦争の見通しを間違えた(=長期化・泥沼化予想)言論人や学者、 政治家の責任を追及する作業が始まった。予測の外れでは だれが一番ひどいミスを犯したか、そのランクの高い人たち の名を「恥辱の殿堂」に記念として記録しようという動きまで が起きている。
(・・・)
日本でも朝日新聞などイラク戦争の展望について「長期化」「泥沼化」をしきりと 断言する向きが多かった。 そのミスの責任の所在を明確にすることは、今後の国の 対外政策の評価でもきわめて重要となるだろう。
                       
(産経新聞 2003年4月12日)



で、その古森さんの鬼のような文章ですが、かっちょわるいけど、おっちょこちょいなだけだった上のなんかより、こっちのははるかに深刻で根が深いですね。どうぞ。↓


ハリケーン被災であらわになった米国の人種問題
~なぜ、特定の人種だけが略奪するのか~


この略奪にはさらに重要な特徴があった。こうした略奪を働く人間たちのほぼ100パーセントが黒人なのである。テレビの映像や新聞の写真でみる限り、略奪者はみなアフリカ系市民、つまり黒人だった。この事実は現地からの他の一部の報道でも裏づけられていた。いったいなぜみな黒人なのか。南部のニューオーリンズ市は総人口48万のうち67パーセントが黒人である。だから住民の多数派は黒人なのだが、それにしても略奪者は100パーセント黒人なのである。(…)大手テレビは映像で黒人の略奪の光景を流しても(…)その行為の実行者たちがほぼすべて単一の人種に限られることは伝えないのだ。

(・・・)リムボウ氏はびっくりするほど大胆な考察を一日三時間もの自分のラジオ番組で述べていた。

「ニューオーリンズでここ数日、起きたことは数世代にもわたるエンタイトルメント(社会福祉の受給権利)の失敗の現象なのだ。自分の努力よりも政府からの福祉の受給に依存する心理が『自分たちは社会で恵まれない層だから、社会や政府から特別の恩恵を受けることのできる特権がある』という潜在意識を生んできた結果なのだ」

つまり黒人は政府への依存が強すぎて、いざという事態には他者の財産をも入手してよいとみなすような独特の心理を抱きがちだ、と示唆しているのである。その示唆の背後には社会福祉を拡大してきたリベラル派の「大きな政府」への辛辣な批判がある。

全文↓
http://nikkeibp.jp/sj2005/column/i/06/index.html
http://nikkeibp.jp/sj2005/column/i/06/02.html



ありえないっすよ~。この文章。


日経さ~ん・・・。




古森さんは、巧みに他人の発言を引用して解釈してるだけですが、ほとんどそれに同意してるようですね。ま、ネオリベ・ネオコン日本人の地が出てますね。いや、この人だけの地ですかね。そうだとほんとにいいんですけど。そうであってほしいんですけど・・・。

略奪者は100%黒人だ!略奪やってるのは黒人だけだということを伝えろ、みたいのはアホすぎますし、成城トランスカレッジ!さんが的確に問題点を述べてます。まったく、どうしようもないですね。というか、ほんとに黒人がお嫌いなようですね。じゃなきゃ、こんな文章書けませんよ。中学生ですか。この偏見大爆発っぷりは。


追記:constructive monologue によると、この記事の要旨が「緯度経度被災で露呈する人種の違い」という題で9月4日の産経新聞にも載ったそうである。

この方の評価も非常に厳しい。古森さんの論理展開は、「オリエンタリズムレイシズムが入り混じったもの」であり、彼の言説は「古典的」な「優生学あるいはアパルトヘイトに見られるような人種を本質主義的に理解する思考」の「パターンを忠実に従った『天然記念物』級」だと。

そして、古森さんの、

アフリカ系住民に対する眼差しは、植民地主義的な色彩に染められている。そしてこうした眼差しは、容易に中国や朝鮮に向けられることは、これまでの古森の議論からも明らかである。自らのレイシズムを公言してしまうという逆説的帰結をもたらしたのが今回の古森の署名記事であり、それを堂々と掲載する『産経新聞』は、ある意味で社会学的に「貴重な資料」の供給源となっている。

constructive monologue 「名誉白人の眼差し」

名誉白人ですか・・・、まったく同じこと思いましたけど、臆病者の私は、そこまではなかなか言い切れなかったです。オリエンタリズムはまだしも、レイシズムに優生学にアパルヘイトとまで言い切り古森さんを断罪する姿勢はアッパレです。私は題名の「レイシズム」も「!?」と「?」をつけてしまうへタレぶりです。これと同じ眼差しを、古森さんは中国や朝鮮にも向けている、というのも、あえて書かなかった腰抜けの私です。


で、この人、何年ワシントンDCに住んでるんでしょう?ずっと住んでますよね。DCの75%くらいは悲惨な黒人居住区です。何を感じているんですか?感じることは、「この怠け者め!自業自得だ!リベラル・左翼が甘やかしたせいだ!」ですか?DCの「勝ち組スーパーエリート」の人々と付き合ってる古森さん・・・。

というか、もう絶望的です。

しゃれになってないですよ。

「小さな政府」「小さな政府」「小さな政府」「小さな政府」・・・・と唱えてますね、古森さん。黒人たちの行いが悪いのは、アメリカが「大きな政府」で黒人を甘やかしたからですか・・・・・・。


「リベラル派の大きな政府」が「社会福祉を拡大してきて」黒人を甘やかしたからですか・・・・・。



ワッハッハッハッハッハッハッハッハ・・・・・・・・・。



・・・。




アンタ、DCで何を見てんだよ!



15分歩けば、危険で、汚くて、ボロくて、臭くて、荒んでて、悲惨な黒人居住地行けるだろ!

黒人たちがどんなに悲惨な境遇で生きてるか、自分の目ん玉で見れるだろ!

俺には、すっかり見捨てられた人々に見えるんですけど。古森さんには、手厚すぎる福祉政策で甘やかされてるように見えるんですか・・・。いや~、こりゃ、目からウロコですな・・・。そういう風にも見えるんですか・・・。

つか、ソマリアなんですけど。先進諸国に生きる我々が見捨てた、アフリカ負け組諸国の都市部みたいに見えるんですけど・・・。「勝ち組スーパーエリート」とお友達の「勝ち組スーパーエリート」の古森さんが、そんな下層民の居住地に足を踏み入れるわけないって?

ちなみに、DCの北西地域はアメリカでも有数の「勝ち組エリア」です。めっちゃ安全です。日本より安心できたりします。このエリアに、6000人の弁護士が住んでるとか。


ま、古森さんが小泉圧勝に大喜びするのは、まさに当然のことですな。no doubt。


私は違う視点から文句垂れましたが、成城トランスカレッジ!さんの指摘には完全に同意します。あちらの「『Tsunami Song』についてのエントリー」もすごい傑作です。


なんだか、やたらと口が悪くなってしまうここ数日です。

ちなみに、古森さんを「小泉応援団長」としましたが、ネオリベ路線においては、です。古森さんは小泉さんの歴史観は嫌いでしょうね。ほんとうにお気に入りは安倍晋三さんでしょう。



[PR]
by mudaidesu | 2005-09-13 12:20 | 世界
愛国心なんて、いらねえよ! by a 右翼
鈴木邦夫


『僕は80年間も愛国運動をしてきました。生まれる前からしてました。じゃないか。40年間、愛国運動をしてました。「君が代」は5千回歌いました。「日の丸」も5千回、掲揚しました。だから「愛国心の絶対量」は軽く、クリアーしました。
 
そんな、超愛国者の私が言うのです。思うのです。愛国心は心の中に収めておけばいい、と。「俺は愛国者だ。文句あっか!」と言葉にしたら、嘘になる。偽者になる。だから私だって、偽者です。本当の愛国者ではありません。要はその人間が、何を叫んだかではありません。何をしたかです。
 
だから、その人の行動を見て、(そうさな。死んでからでもいいや)。この人の一生は「愛国的だったな」「いや、ちがったな」と後世の人が評価したらよいんです。「俺は愛国者だ!」と言ってるから、その人が愛国者なのではありません。「愛国者だ!」と公言する人に、本当の愛国者はいません。40年間の私の経験からこれは言えます。
 
・・・・

そんで、『GQ JAPAN』の「愛国心特集」でも私は言ってやりました。

 〈愛国心なんて、いらねえよ!〉と。
 
取材にきた編集者はビックリしてました。同じページでは、土井たか子、志位和夫、福島瑞穂…といった人々も出ています。でも皆、自分なりの〈愛国心〉を必死になって訴えています。「愛国心なんていらねーよ!」と叫んでいるのは、私だけです。今や、私は社民党、共産党も超えて、超左翼です。アナキストです。反日です。売国奴です。非国民です。
 
大体、「愛国心は必要だ」「私こそが本当は愛国者だ」なんて、言い合っているのは「呪縛」です。愛国心という言葉に呪縛されてます。これこそが「日本の呪縛」です。違いますか。』


今週の主張 307


・・・・つか、斉藤貴男・森達也・鈴木邦男の写真ウケすぎ・・・・

鈴木邦夫をぶっとばせ!
[PR]
by mudaidesu | 2005-09-08 03:17 | ナショナリズム
姜 尚中
姜 尚中


在日 
在日 ふたつの祖国 
8月29日
http://mudaimudai.exblog.jp/834405/

今日、「バックラッシュ」は随所に見られるが、姜 尚中の期待するような日本社会になりつつあるのではないか。今日、姜 尚中が日本について、日本のために、ときには日本を批判しても、誰も違和感を抱かないだろう。ソニンのように、在日であることを堂々と明かし、それが売りでもあり、しかし、それも変な気負いもなく、ごく普通の日本に生きる女の子も芸能界にいる。李 相日が「69 sixty nine 」のような映画をつくる。和田アキ子がカムアウト(記事読んでないし、真意はわからないが)。

同化しつつあるのだろうか?それもまた寂しいことなのかもしれない。一世、二世の思いを記憶しながら、いかに生きれるかだろう。そして、それを記憶するのは、在日である必要もない、私のような日本人が記憶していくべきのものでもあるだろう。



参議院 法務委員会 平成04年05月12日

それから、最後に私の個人的な感情を申しますれば、もし日本という国が実に理不尽な理由で他国から侵略された場合、私は、先ほど例に挙げました日本の若者のように、海外に逃げることはまずないと思います。日本国内にとどまって非軍事的手段において徹底的に抗戦すると思います。したがって、私の方がはるかにロイヤルティーがあるということですね、少なくとも国家に対してじゃなくて日本の社会に対して。これは必ずしもアブノーマルではなくして、人々の生活の本拠がそこにある限りにおいてはその社会の構成員であり、そして立派に一つの仲間であるという観点があれば、国籍によるオール・オア・ナッシングという考え方、これがいかに狭い、そして実態のないものであるかということはすぐおわかりになるのじゃないでしょうか。それが私の基本的な感想です。



憲法調査会 平成13年03月22日
(『東北アジア共同の家をめざして』にも載ってたような)

さらに第六番目には、私が思いますに、ナショナリズムの要件をいかにして引き下げていくかということは、これは国家や国籍というものを通じて、人の身体、運命を決定する事態がますます少なくなっていく時代が来るということでもあります。
 
なるほど、人間の管理、出入国のために、国籍、国籍に準ずるような、人を分けていく、そのような資格要件がなければ国家間の関係が成り立たないということも私は重々承知であります。しかし、私が冒頭申し上げたとおり、日本に生まれたような私でも、メード・イン・ジャパンに対してある意味においては誇りを持っております。そのような人間が、国籍は違っても、日本の社会が理不尽な形で対外的な圧力を加えられ、もし国際的に見ても理不尽な侵略を受けた場合に、日本国籍を持っている人間が日本の国から逃亡しても、日本の社会に私個人はとどまってこの社会の防衛に当たるというような考え方もあり得ますし、ずっと前、私自身は参議院の公聴会の中でそのように申し上げました。
 
つまり、日本の社会に根づいている人間であれば、国籍を持たなくても、この社会を守るということが必然的に国際正義に妥当しているならば、この社会を守るということを、義務としてでなくても、そのように願望し、また、必然的にそのような行動をとるということであります。この社会が住みよい社会であり、そこに自分の本拠地があり、住民として生きていくということが普通のこととして考えられるような人々がいる限りにおいて、あえて国家やナショナリズム、愛国主義というものを唱えなくても、この社会をいわば守り、そしてこの社会の健全なあり方のために、場合によってはみずから進んで犠牲になることもいとわないということを、私自身は先生方の中に理解していただきたいということを申し述べておきたいわけです。

国会会議録検索システム



こう言わなきゃならない悲しさ。

第二次大戦の日系人部隊、ネイティブアメリカン部隊、---マイノリティはより国家に忠誠心を示さねば信用されない。いや、されなかった。過去形。健気に忠誠心を示した人たち。自己の生存のため、共同体のため。悲しい。いや、姜 尚中の発言の意図はこれとは全然違うのだけど、思い出したので。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-31 23:03 | ニッポン
愛国 by クリス・ロック

『「イラクは世界の脅威だ、恐ろしい国だ」とか言って
二週間で占領してやがんの!
てめえ、ボルチモアを二週間で制圧できるか?
(ボルチモアは最も恐い黒人スラム)

ブッシュ政権になってから、
スポーツの国際試合見ると気持ち悪くていけねえな。
みんな狂ったように「USA!USA!」の大合唱だ。

お前らナチかよ! マザーファッカー!

カウボーイハット被った白んぼどもがいい気になって大喜びだ。
「フランス野郎め! 戦争の邪魔しやがって!」だの
「アラブ野郎は皆殺しだ!」だの
「移民はテロリストが混じってるから追い出せ!」だの、威勢のいいこと。

お次の標的は黒人とユダヤ人だぜ。
うかうかしてるとやられるぜ!

「俺はアメリカ人だ! アメリカは最高だ!」とか言って
威張り散らす白痴どもが多くてヘドが出るぜ。
そんなに威張る権利がお前らにあるのかよ。

あんたが、もし、お国のために戦争に行って命を捧げたことがあるのなら
「俺はアメリカ人だ!」って威張ってもいいぜ。

あんたが、自分の意志でアメリカに来ることを選んで、
必死で海や川を渡って来て、一生懸命頑張って市民権を取ったのなら、
やっぱり「俺はアメリカ人だ!」って胸を張ってもいいぜ。
それだけの苦労をしたんだからな。

でも、それ以外の奴らはたまたまマンコから出てきたらアメリカだっただけじゃねえか! 

マンコの場所がアメリカだったくらいで、そんなに偉そうにするな!

そんなこと赤ん坊だってできるぜ!』


アカデミー賞司会のクリス・ロックがいかに危険か



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブッシュ政権になってから、スポーツの国際試合見ると気持ち悪くていけねえな。みんな狂ったように「USA!USA!」の大合唱だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
よ~く、お気持ちがわかりますねえ。

ちょっと前までは、僕もスポーツで日本代表やら日本人選手をやたらと気合い入れて応援してたんすけどねえ。いや、いまでも、一応は応援してんすけどねえ。なんか、最近、気合い入らなくて困ってる。日本のナショナリズムの高まりと反比例してる。あんなに楽しみにしてたり、燃えてたのに・・・。寂しいなあ。

もともと、ひねくれものだしなあ。
つか、昔は結構右だったしなあ。あれは、左が強かったからかなのかな。
なんだかんだいっても、周りに流されてますな。しっかりと、自分を持たなきゃな。
でも、根本にあるもの、一番大切だと思う理念そのものは、昔から変わってない気がする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アメリカに生まれたのは偶然。偶然のことを誇りに思うなんてアホくさ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕自身としては、このロジックはどうかな?と思うんだけど、アメリカではアンチ愛国のロジックでは結構使われてんのかな。アメリカで聞いたこと目にしたことはあるが、目の前で直接誰かがこういうことを言うのは聞いたことない。

僕の印象だと、「好き・嫌いの感情なんて人の勝手。どうでもいい」みたいなテキトー、しかし当然、なロジックで語るアメリカ人が多かったかな。俺もちょっと前までは、こういうノリだったんだけど、そうも言ってらんなくなってきたな。

ところで、黒人のスタンドアップ・コメディは最高におもしろい。
下品できったねー話をベトベト・ドロドロ話すのがいい。

観客もおっさん・おばさんが、

「ウエ~~ッへッヘッヒャヒャッヒッヒ。ギュワッハッハッハ。ドフェッフェフヒャア~」

と、お下品に笑うところがまたいい。

いや、普通の映画でも、変なところで、一人で下品に笑うおっさんが必ずいるんだけど。


そーいや、クリス・ロックといえば、リーサル・ウェポンだけど、リーサル・ウェポン4は黒人ばっかの映画館で観たな。いや~、黒人さいこう。バカ笑いしまくり。おまえら、どこがそんなにおもろいんだよ、と。映画より、観客の反応の方が楽しい。

そーいや、「higher learning」も黒人さんたちばっかのとこでみたな。ジェ二ファー・コネリーのレズキスシーンでも、ギャ~ハッハ、と大爆笑。俺はそっちにウケた。
[PR]
by mudaidesu | 2005-08-23 10:26 | ナショナリズム


メインページ