タグ:野球 ( 14 ) タグの人気記事
誇り高きニッポン人!?


4年総額5200万ドル(約61億8800万円)ですか・・・うらやましいですねえ。野球の実力が。お金もですが。いや正直に、お金がですが(笑)。僕の予想は、年1000万ドルから1100万ドルでした。代理人がすごいようですね。FA市場の状況にもよりますが。

松井秀4年62億円契約「最高の幸せ」  スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/11/17/02.html

今年は結局ホームラン23本だったけど、35本打っとけばねー(去年は31本)。年1500万ドルはいったと思う。ひょっとしたら年1600万ドルくらいまでいったかも。他人の、しかも大金持ちの金の心配してもしょうがないんだけど。


それはさておき、この松井の契約についてヤンキースの公式掲示板では、ファンたちによって侃侃諤諤の議論が行なわれてます。↓のスレのタイトルも「松井にそんな価値ねーぞ!」だし。アメリカの掲示板のスレタイトルもこういう煽情的な方が盛り上がるみたいってのが前提ね。あと、ファンの間で松井は人気者で尊敬されてるってのも前提ね。

他の選手の値段と比べりゃ妥当じゃねーの?とか、松井についてくるジャパンマネーを考えれば安いくらいとか、普通の議論がされてます。市場とはそういうもん。客観的な価値なんてない。値段は市場が決める、みたいな「アメリカ人らしい」こと言う人も結構います。ちなみに、掲示板に集う人たちは、シーズン中ときおり口が悪くなったりしますが、基本的にはみんな常識人です。(とは言っても、年に数回しか覗かないんでよく知りません。)


で、おもしろい書き込みを見つけました。この程度なんて今さらですし、珍しくもなんともないんですが、なかなか味があるので。勝手に転載しちゃいます。↓


The Japanese are very proud people and have a culture that is built on Honor. Respect him and he will give you all he has.

(日本人は誇り高き人びと。彼らの文化は名誉を重んじる。敬意を払って遇すれば、松井は全身全霊を込めてプレーしてくれるよ。)

Nov-15 7:53 pm の発言者。
http://www.forums.mlb.com/n/mb/message.asp?webtag=ml-yankees&msg=176773.1&ctx=0


んーん。微笑ましいですねえ。なんと言ったらいいのかわかりませんし、なんにも言う必要ないんでしょう。

ちなみに、松井が人格者だってのは有名な話ですし、おそらくそうなんでしょう。エロい人ってのも有名ですけど。東スポでエロい話ばっかしてるようですし。あっけらかんとしてるところはこの人の魅力ですね。

で、↑の日本人像ですが、どうなんでしょう。やっぱ、ああいうのがスタンダードなんでしょうか。アメリカにそこそこ長く住んでた僕ですが、よくわかりません(笑)。この人がニューヨーク近辺なら、日本人との接触も多いと思うんですが、どこの人だかわかりませんしね。

どーみても、アメリカの日本をネタにしたC級映画のノリ(=日本のイメージがトンデモ。大ウケ。オリエンタリズムとかそういう次元じゃない。そういう映画たくさん見まくったので詳しいです。ここで一つ紹介)に影響受けちゃってるような一文ですよねえ。「サムライ&ゲイシャ」のイメージに。でも、この人がいい人なのは間違いないでしょう(笑)。

いや、たかだかネット上での一人の書き込みの一文取り出してどうこう言っても意味ないんですが、あまりに紋切り型で美しい一文でもあったので、思わず食いついてしまいました。


ちなみに、この人、こういうことも書いてました。

The reason he is clutch is because he is so disciplined, when you stick to the basics, things will eventually go your way.

(松井が勝負強いのは、ストイックで真面目で練習熱心でしっかりしてる(disciplinedをムリやり訳しました)から。基本に忠実に真面目にやれば、大事なときもうまくいくもんでしょ。)

The Japanese are very proud people and have a culture that is built on Honor. Respect him and he will give you all he has.

(これは↑で紹介した部分)

Andy hinted at playing in Houston prior to leaving, which in my opinion is reverse tampering.

(アンディ・ぺティット(元ヤンキースのエース格)がニューヨーク出て別のところ(結局ヒューストン)に行きたがったのは、松井とはまったく逆の性格のせいだと思う。)

There is really no comparison of the two people because after 9/11 you could tell Andy wanted out of NY.

(これは二人を違いを明確に表してる(there is no comparisonってそういう意味だよね?ちょっとあやしい(笑))。アンディは9.11後ビビッてニューヨークから出たがったし。あんなにヤンキースがよくしてやったのに(これは書いてないけど、そういう意味でしょう)。)

アンディ・ぺティットの移籍したときの状況をまったく知らないんで、すっとんきょうな意訳してる可能性もあります。けどまあ、この人によると、日本人はガッツがあって忠誠心があって立派だと。へタレなアメリカ人とは違うと。そこまでは言ってない?(笑)。この人が「the two people」と書いたのが、松井とアンディの二人を指してるのか、それとも日本人とアメリカ人を意味してるのかわからんし。

ちなみに、ヤンキースファンが日本人を相対化するときに必ず出てくるのがIrabuです(笑)。伊良部評判悪すぎ。僕としては、ブーイングされて観客席の方に向かってツバ吐いた彼を見て、ファンになっちゃったんだけど(笑)。

しかしながら、巨人時代の松井はチャンスに弱いってイメージだったのに、ヤンキースファンの間じゃすっかり勝負強い男になっちゃってますねえ。ヤンキースでは一番勝負強いという評価です。やっぱ、巨人時代は全打席ホームラン狙いだったのかなあ。



ザ・伝説 すばらしきニッポンネタ映画
[PR]
by mudaidesu | 2005-11-17 22:40 | スポーツ
不思議なこと。


幽霊見たことないし、霊がどうしたこうしたとかも興味ないし、心霊写真とかも、ふーん、な僕です。いや、おもしろければ好きですけど。心霊写真もすごいのは興味ありますよ。

でも、一度だけ、この世には「なにか」が存在するのでは?と感じたことがありました。

スポーツで、よく「流れ」とか解説者がテキトーに言ってますよね。「甲子園には魔物が」とか。ああいうのって、基本的には「気分」の問題だと思うんですよね。けど、気分とか精神的な話とはまた別に、「流れ」みたいなものが別個に存在するという前提で語っちゃってますよね。あれ、どうかと思うんですけどね。「まだ流れは変わってないですねえ」とか「流れがきてますねえ」とか。当たり前に言われてるけど、意味不明ですよね。なんとなくはわかるような気もするけど、明解ではないですよね。

巷で理論的とか言われてる江川とか江川とか江川とか。テキトーにノリで解説する人がそういうこと言うのは楽しいんだけど、自他ともに論理勝負ってイメージでやってる人まで、まったく躊躇せずにそーいうこと言ってるのは、なんだかなーです。

けどね、すごいの経験しちゃったことがあるんですよ。高校のとき。野球部だったんですけどね。すごいのがあったんですよ。一回。公式戦(夏じゃないよ)で。

この世には「なにか」が存在するのでは?と感じてしまいました。


あの日はすばらしい天気でした。球場は立派なんですが、夏じゃないんで、観客はチラホラ。相手チームは、僕らよりちょっと下くらいのとこ。でも、なんかへぼい試合で、気合い入らないまま、9回表終わって、6-0で僕ら負けてました。やってるこっちも、ダメだこりゃ、ってかんじ。ときおり、そういうのあるんですよ。気合いがまったく入らないで、ダラダラと、あ~あ、って雰囲気でズルズル負けるってことが。

で、9回裏、最後の僕らの攻撃ですよ。なんか知らんけど、ポテンヒット、ボテボテの内野安打、イレギュラーヒット連発で、マジで連発。7点取って逆転勝ちしちゃったんですよ。まともな当たり一本もなし。四球は二つ。エラー一つ。よく覚えてます。最後のサヨナラヒットも、どん詰まりのポテンヒット。7点ですよ、7点。

ソーアンビリーバボー。今、EMFの曲が流れてきましたよ。僕の脳内で。ユーアーじゃなくて、ザットワズですけど。アンビリーバボーソーアンビリーバボー。ザットワズアンビリーバボー。

もう、大ウケでした。普通、猛追してるときって鬼気迫る顔してやってるはずなんだけど、みんなニヤケ顔。2、3点入っても、さすがにもうダメだろ、ま、おもろかったし、満足満足、みたいに思ってたし。相手も落ち込んでないんだよね、なんだよこれ、ってかんじで苦笑い。夏じゃないし。

たしかに、あの日は「なにか」が存在してました。そう思いたい。別に、僕らの日頃の行いが良かったわけじゃないし、練習もなあなあだし、頭も坊主じゃないし、あの試合なんてダラダラやってたし、相手チームは猛練習で有名なところだし、神様が僕らを贔屓してくれたってことは絶対にないですね。他の「なにか」ですね。


ま、次の試合で、三振18個取られて負けたんですけどね。試合は2-0。よく覚えてます。スポーツ新聞にデカく、○○、△△を18奪三振完封!とか出ちゃってましたよ。今、プロで活躍してますよ、このピー。こいつと三年で、10回以上試合したんですけど、このときはダントツで良かった。バット振り終わってから、あれ?ストレートじゃなかったん?スライダー?えー!?ってかんじ。普通は、空振りするときも、バット振り始めくらいで、ヤバって気付くもん。もう、キレキレでした。ストレートはめちゃ速かったし、スライダーはみんなかすりもしないし。ヒーワズアンビリーバボー。

三振18ってほんとすごいですよ。やられてる方からすると、ほとんど三振のような気がする。普通、三振10個で、すげー多いなあ、やたら三振してるなあ、とか感じるし。クレメンスとR・ジョンソンの20三振ってすごい世界だなあ。


これから、僕のお気に入りの江頭2:50がテレビに出る予定なので楽しみです。
一番好きな芸能人はこの人かもしれない。
[PR]
by mudaidesu | 2005-11-01 00:00 | スポーツ
こんな写真


こんな写真見つけた。なんかウケないっすか?
[PR]
by mudaidesu | 2005-10-28 01:20 | スポーツ
阪神と俺


阪神が優勝した。


つか、巨人よえー。


実は、僕は一応阪神ファンなんです。オスなんです。だけど、最近全然燃えません。オス度が弱まってるのかもしれません。

More
[PR]
by mudaidesu | 2005-09-29 22:53 | スポーツ


メインページ