イラク人質問題 3  またまた & 政府のせい!?


またまたです。

ドイツ人女性、イラクで拉致 親米路線阻止目的か? 11/29 朝日新聞 

こちら↓はその前の事件の続報。

バグダッドで拉致の4外国人、アルジャジーラが映像放映 11/30 朝日新聞

こんな話も。↓


これに対してCPT(被害者が所属する組織)シカゴ事務所のスタッフは、「4人はスパイなどではない。献身的な平和活動家だ」と反論。CPTはさらに文書で、4人の解放を訴えると共に、「米国と英国の政府がイラクを違法に攻撃し、占領を続け、イラク国民を抑圧し続けているせいで、私たちの仲間が今回のような目に遭っていることに、憤りを覚える」とコメントを発表した。

CPTはイラクで、米軍拘束施設での人権侵害について、拘束者家族から聞き取り調査をするなどの活動を展開しているという。

CPTはコメントで「欧米メディアはアブグレイブ刑務所での実態を認めるはるか以前から、米軍によるイラク人の拷問を最初に公式に非難した」のはCPTだと強調している。

イラクで拉致のキリスト教組織スタッフ、人質ビデオ公開 11/30 CNNジャパン



というか、CPTのホームページで↑の部分を見つけた。トップページでこんな声明出してます。


We are angry because what has happened to our teammates is the result of the actions of the U.S. and U.K. governments due to the illegal attack on Iraq and the continuing occupation and oppression of its people.

(米英政府がひでーことやってるせいで、こんなことになったんだよ!↑のCNNの記事にある)

Christian Peacemaker Teams (CPT) has worked for the rights of Iraqi prisoners who have been illegally detained and abused by the U.S. government.

(米政府によって違法に拘束され虐待されてるイラク人の権利のためにCPTは頑張ってきた。)

We were the first people to publicly denounce the torture of Iraqi people at the hands of U.S. forces, long before the western media admitted what was happening at Abu Ghraib.

(↑にある。)

We are some of the few internationals left in Iraq who are telling the truth about what is happening to the Iraqi people We hope that we can continue to do this work and we pray for the speedy release of our beloved teammates.

(我々は、イラクに残り、イラクで何が起こっているか真実を伝えてきた数少ない外国人のうちの何人かだ。今後も、この作業を続けたいと願ってる。仲間の早期解放を願ってる。)

Christian Peacemaker Teams
http://www.cpt.org/index.html


明確に、今回の出来事は米英政府のせいと言ってますね。そして、自分たちはイラクの人々の味方だと。ちなみに、私はこの団体を知りません。もちろん、実際にスパイである可能性はゼロではない。しかし、僕がイラク人質事件を語る文脈では、それは問題ではない。

トロント・スターという新聞によると、弱者を強者から守るのが使命の団体だとか。

Mission: To protect weak from the strong  Toronto Star


しかしながら、叩かれそうなコメントを堂々と発表するもんですね。「イラク人質事件 1  家族」では被害者のお父さんのコメントでしたが、今度は、被害者の所属する団体のものですね。

犯人を批判せずに英米政府を批判するなんてケシカラン!」とか。「ここぞとばかりに、しめたとばかりに、政府批判をするな!」とか「待ってました!とばかりに政府批判してる」とか。「事件を利用して政治的主張するな!」みたいなかんじで叩かれそうですね。

まあ、どこの社会でも叩いてる人は絶対にいるでしょうけど。

とにかく、こういう状況で犯人を批判しても意味ないでしょうにねえ。犯人についていくら文句言っても、被害者が助かるかどうかは関係ない。逆ギレされちゃヤバイし。↑のような主張した方が、多少は犯人たちが被害者に同情する可能性は高まるでしょうにねえ。
by mudaidesu | 2005-12-01 00:50 | イラク人質事件 | Comments(7)
Commented by daru at 2005-12-04 01:00 x
こんばんは。

よしりんの本と江川さんの記事、私も以前読みました。
人質問題を統括できなかったので、つい、よしりんのこの本を
購入してしまったんです。(笑)

さて、今週号の「週刊金曜日」にバッシングが取り上げられていました。
ご存知でしたらごめんなさい。
監督から若い人たちへ、以下のメッセージが紹介されていました。

『今回描いた世界は、拘束事件のことだけではない。
僕自身を含め、いろいろ何かあると叩くのが日本人の悪い癖で、
人と皆同じじゃないと気がすまない。対立を恐れずに自分の思って
いることをどんどん言って生きてください。そうでなければ、
風通しの悪いつまらない社会になってしまう。』

受賞記念パーティーがあるそうですよ。

http://diary.jp.aol.com/jqmmwd9hztq/245.html

限定40人で、プロジェクターでの上映のようですが・・・。
Commented by mudaidesu at 2005-12-04 23:04
daruさん、こんにちは。

江川さんのあの文章は、読売の人質叩きを完全に無効にするものだと思います。ロジックの上ではですけど。まあ、バッシングは感情的なものなんで、たいして意味がないといえばそうなんですが。元も子もないですが(笑)。


>[つい、よしりんのこの本を購入してしまったんです。(笑)]

私は立ち読みしました(笑)。本屋さんで最初から最後まで読みました。イヤな客ですね。よしりんの発言内容についても、ちょっとだけ触れるつもりです。順番いつになるかわかりませんが(笑)。昔から、この人はそんなに嫌いじゃないんですよね。「おぼっちゃまくん」は、子ども心に、すげぇ、と思いましたし(笑)。


>[今週号の「週刊金曜日」にバッシングが取り上げられていました]

教えてくださってありがとうございます。私は週刊誌とかの情報にうといんですよ。誰かまとめて教えて、とかいつも思ってます(笑)。
Commented by mudaidesu at 2005-12-04 23:05
>[いろいろ何かあると叩くのが日本人の悪い癖で、人と皆同じじゃないと気がすまない]

監督さんのこの言葉ですが、私もそう思うんですが、やっぱり「日本人は」と言い切るのはあまり好きじゃないんですよね。「日本人特殊論」とかも好きじゃないし、ネガティブな意味で「国民性」とか安易に言っちゃうのは、レイシズムの思考と通じるところもあるし。

価値判断をせずに、ただの分析・研究(文化人類学的)ならいいんですが、批判的に文化を考え・論じるときは、「日本人」のメンタリティと一般化しちゃわないで、「叩いてた人」のメンタリティとして考えたいなと。叩く人は何人にもいると思いますし。

もちろん、日本人自身が言うのと、他の人が言うのでは全然違うと思いますけど。あとは、それを言う意図ですよね。日本人のためを思って言ってるのか、日本人を嘲笑するために言っているのか。

まあ、私も普段は、テキトーに感覚で国民性の話してますし、人のこと言えないんですが(笑)。というか、他人のただの、それも善意のメッセージに何文句言ってんだよ!と自分で思ってます(笑)。
Commented by mudaidesu at 2005-12-04 23:06
>[対立を恐れずに自分の思っていることをどんどん言って生きてください。そうでなければ、風通しの悪いつまらない社会になってしまう]

これにはまったく同意です。


>[受賞記念パーティーがあるそうですよ。]

情報ありがとうございます。私は時間的にムリなんですが、daruさんは行ってみないんですか?
Commented by daru at 2005-12-05 00:31 x
こんばんは。
いつもご丁寧なレスをありがとうございます。
自分の所でもレスさせていただいていますが
mudaidesuさんの視点はハッとさせられる所が多く、自分自身の
思考を鍛える(?)というか、いい訓練になっています。
こちらのブログに出会えたことを嬉しく思います。

日本人って、「日本人は・・・」って分析するのが好きですよね。
日本人特殊論は私も嫌いですが、
結構私も今、留学生相手に多用してます(笑)。

よしりんについての記事も楽しみにしていますね。
彼は変わってしまったなーと思います。
やはり「つくる会」で利用されてしまったことが原因でしょうか。
発言の場を多く与えられている人が、より大声をあげている姿には
幻滅を感じてしまうのです。

受賞記念パーティー・・・、主婦の私には敷居が高そうです(笑)。


Commented by mudaidesu at 2005-12-05 01:11
こんにちは。

>[いつもご丁寧なレスをありがとうございます]

それは、こちらがいろいろ考えて書きたくなるような刺激的なコメントをしてくれるからですよ。何も返答思い浮かばないときは何も書けませんし。


>[mudaidesuさんの視点はハッとさせられる所が多く]

そう言ってもらえるとうれしいのですが、テキトーです(笑)。基本は、なんかそんなかんじがする、ってだけです。


>[日本人って、「日本人は・・・」って分析するのが好きですよね。日本人特殊論は私も嫌いですが、結構私も今、留学生相手に多用してます(笑)。]

↑で偉そうなこと言いましたが、私も多用しまくりです(笑)。ただ、使い方に気をつけたいなと。ネガティブな意味でやるにしても、日本人(韓国人にしろアメリカ人にしろ何人にしろそうですが)への愛情をこめてやりたいなと思ってます。


>[よしりんについての記事も楽しみにしていますね]

たいしたネタじゃないですよ。よしりん、それ違くねーか?ってことを一つだけ。
Commented by mudaidesu at 2005-12-05 01:11
>[彼は変わってしまったなーと思います。やはり「つくる会」で利用されてしまったことが原因でしょうか]

実は彼がああいう言論活動してると知ったのは、「戦争論」後なんですよね(笑)。なんだよ!おぼっちゃまくんの人がこんなことやってんのかよ!と思いました。それで、友人が彼のファンで本をたくさん持ってたので、全部借りて読みました。たしかにおもろいとは思いました(笑)。この人、よくも悪くもガーっと突っ走る人なんだなあと。「つくる会」なんて自分が嫌ってた市民運動の典型じゃん、とか思いました。


>[発言の場を多く与えられている人が、より大声をあげている姿には
幻滅を感じてしまうのです]

でも、彼自身の力でがんばってきたと思いますし、彼のことはそんなに嫌いじゃないんですよねえ。


>[受賞記念パーティー・・・、主婦の私には敷居が高そうです(笑)]

40人って関係者だけで埋まっちゃいそうですよね(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< イラク人質問題 4  江川紹子... メインページ オールド・ボーイ 韓流!? >>