キャバ嬢は日本の恥だっつーの♪☆


だいぶ前のネタですが、気にせずに。


しかしながら、「キャバ嬢」ってのが攻撃材料になるって(結局、ならなかったようだけど)、ひでー話だな。というか、戦後日本の保守オジサンたちなんて、キャバクラどころか、あらゆる夜のお仕事してる女性たちに元気もらってたはずじゃん。

そういう女性たちこそ、いろんな意味で戦後日本の象徴。

戦後日本を全否定するのかと。

民主党意味不明出口調査


とか書いたけど、これ間違い。大間違いでした。すみませんすみません。




民主党の太田和美氏は今回選挙の告示後、キャバクラのホステスをしていたことが判明。主要政党公認で千葉県議(衆院7区立候補に伴い辞職)に続く国会議員当選者の前代未聞の経歴だけに、論議を呼んでいる。

選挙戦が激化するにつれ「太田氏は元レディース(女暴走族)で、キャバクラに勤務していた」などとする“怪文書”が出回った。太田陣営では暴走族については否定したが、「キャバクラ嬢」については「2-3カ月ですが働いたことはあります」と認めた。

「負け組ゼロ」を合言葉に「まじめに働く人、努力をした人が報われる社会をつくりたい」と街頭演説で繰り返し訴えた太田氏。しかし自らは、色気を駆使するキャバクラのホステスで、てっとり早くカネを稼いでいたことになる。

小沢代表は当選が決まった後の党本部での会見で、太田氏のキャバ嬢経歴について問われると「意図的な報道がなされたと思う」とムッとした表情を見せた。しかし「当選は、有権者が太田候補をトータルに判断した結果」と言い切った。

とはいえ、太田氏の勝利がわずか955票差だったことは、「まじめに働く」女性や男性有権者の一部にも嫌悪感や批判が広がり、投票行動にも影響したとみられる。

松戸市の川井敏久市長(63)も自民党の斎藤健氏の応援演説の中で「キャバクラ嬢が選挙に出て戦っている。私は松戸市長として恥ずかしい」と厳しく批判していた。

近年は少女や若い女性が安易に体を使ってカネを稼ぐ風潮が社会問題化。キャバクラは風俗業でも色気だけで体は使わないとはいえ、“元風俗嬢”が県議に続き国会議員に当選したことは、こうした風潮に拍車をかけかねない。選挙に勝ったとはいえ、太田氏の経歴問題は尾を引きそうだ。

太田氏のキャバ嬢過去に厳しい声…松戸市市長「恥ずかしい」 サンスポ(リンク先もうないや)




正直、松戸市長はどうでもいい。

「日本の文化と伝統」を恥じる「自虐的」な「反日市長」には興味ナシ。


料亭だの芸者だのなんかより、キャバクラやキャバ嬢のほうがはるかに日本の愛しき庶民の文化かと。「SAYURI」より「KAZUMI」。





で、僕が喰いついたのはサンスポの記事の論調の方。


色気を駆使するキャバクラのホステスで、てっとり早くカネを稼いでいたことになる。

太田氏の勝利がわずか955票差だったことは、「まじめに働く」女性や男性有権者の一部にも嫌悪感や批判が広がり、投票行動にも影響したとみられる。

近年は少女や若い女性が安易に体を使ってカネを稼ぐ風潮が社会問題化。キャバクラは風俗業でも色気だけで体は使わないとはいえ、“元風俗嬢”が県議に続き国会議員に当選したことは、こうした風潮に拍車をかけかねない。



あたりに喰いついた。おもしろすぎる。




典型的な、風俗でやることやった後に、風俗嬢に対して説教するオジサマってかんじ。



昔からそういうオジサマがいるって説はあったけど、そんなオジサマほんとにいんのかよ?都市伝説じゃねーの?とか昔は思ってたんけど、風俗嬢だった人や援交やってた人と話すと実際にそういうオジサマがいるらしい。

で、思うのは、そういうオジサマは、やったあと、みょーな虚無感やら嫌悪感やら罪悪感やらなんやらの感情に襲われて、わけわからん方向に暴走しちゃうのかなあと。若い女の子に説教することによって、自分は立派な大人の男性だ、って(自分と女性の両方に)示そうと本能的に。

防衛本能みたいなものかと。自己防衛。


にはもちろん全然なってないけど。かわいそうっつったらかわいそう。「庶民」ってかんじだし。「最近の若者はなっとらん」とか言ってそうな普通のオジサマだろうし。そういう人たちを嫌悪したり嘲笑したり糾弾するのは簡単だけど、それだけじゃこっちのウサ晴らしにはなっても、やっぱ足りないのかなあと。

どっかしら、ちっちぇーなあ、ってのはまあ、僕も含めてそこらの普通の人すべてに当てはまるし。

な~んてへタレなりベラルっぽいこと思ったり。



ところで、ジェンフリみたいので得をするのは「ちっちゃい男」だと思うんだけどね。「男らしくない男」が「男らしくなきゃ」って強迫観念から楽になれると思うんだけど。でも、実際は、「男らしくない男」が自分たちの味方のジェンフリだのリベラルだのを叩いちゃったりするのが世の常。世の中うまくいかない。





ま、それはおいておいて、サンスポは「RKB毎日放送元記者事件」のときも酷い記事タイトルつけてた。サンスポはいつもこんなノリだからいまさらだけど。このノリを心地よいと感じてしまう人たちがたくさんいるのも現実。

純血教育系の方々もそうかも。「ジェンフリ」や「混合名簿」のせいで、破廉恥な女がカネ目当てで安易に男をたぶらかすようになったそうだし。(日本の古き良き伝統を守ろう(笑)


サンスポ(だけじゃないけど)は、自覚的に購買者に迎合してたり、自民党を応援してるってだけならまだマシかも。自覚があって「あえて」やってるなら。でも、無自覚でベタにやってたらなんだかなー。



ところでコレどうぞ↓。

サンスポですが、少々オフェンシブに感じる方もいるでしょうけど、ごめんなさい。あえてです。


サンスポ ピンクハート

おはようサンスポ


本の速読が得意だという人や、キレイなお姉さま系といった感じの人や、ルックスも、雰囲気も、まさに"ゴージャス"と言う言葉がぴったりの人に出会えます。

つか、「おはようサンスポ」はすごくコンテンツが充実してる。笑える。

てか、読みふけっちゃったよ。




ちなみに、トップページからは直接行けない。


トップページはこんなかんじ。↓


芸能|社会|・・|パチ・スロ|競馬|Gallop Online|イイ女



でも、どっかちょっとでも進むとちゃんと出てくる。↓


芸能|社会|・・|パチ・スロ|競馬|Gallop Online|イイ女|おはよう面|ピンクハート





別に、フジサンケイグループやら産経新聞やらサンスポの「カネの稼ぎ方」にも、「そういうカネの稼ぎ方が当たり前の風潮」にもケチをつける気はさらさらない。「おはようサンスポ」のノリは好みじゃないけど、エロそのものは大好きだし。

でも、安倍晋三さん系や山谷えり子さん系や純血教育さん系なみなさんたちとの共闘にひびが入らないか、他人事ながらちょっと心配。

でも、そこは、細かいことですぐにぐちゃぐちゃもめるサヨクとは違って大人なんで、大人にはいろいろな事情があるの、と割り切れて、やっぱり大丈夫なんでしょうか。



それとも、「玄人女」や「素人男」の性は自由だけど、「素人女」の性は縛りたい、妻や娘の性は管理したい、ってことなんで、「おはようサンスポ」みたいのはちょーOKってことなんでしょうか。なんてフェミっぽいこと言ってみたり。


とは言ってみたものの、「素人ギャルのああだこうだ」とか「人妻どうたらこうたら」とか「親子なんとかかんとか」とかすぐ目につきますが、どうなんでしょうか。あくまで表現だからOKなんでしょうか。


でも、性教育はダメで、「おはようサンスポ」との共闘(はしてないか)はアリなんでしょうか。子どものころの僕のように、ワールドカップで日本を優勝させることを夢見ていたり、イチロー選手の活躍に胸を躍らせてる少年たちが、毎日毎日サンスポ・サイトに訪れてますが、ちゃんと「18歳以下はダメ」と書いてあるからいいんでしょうか。

というか、こういう情報(「おはようサンスポ」はかなり「健全」な部類だけど)に対するリテラシー教育としての性教育だと思うんだけど。というか、もうやめます。



というか、「おはようサンスポ」読んでたら、↑の太田さんがどうしただの松戸市長がああだのキャバ嬢がどうだのこうだののサンスポ記事なんてどうでもよくなってきた。
[PR]
by mudaidesu | 2006-05-13 01:15 | ニッポン | Comments(34)
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:18
以下メモメモ

AERAに取材を受けたときのレポ ~まとめサイトの作られ方~
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060508
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:20
『第3期「東京都男女平等参画審議会」の委員名簿が発表されました(東京都生活文化局発表)。その一人になんと、男女平等に反する数々の問題発言や「新しい歴史教科書をつくる会」の活動で知られる高橋史朗氏の名前が!』

『私たちは、その名簿の中に、「高橋史朗」氏の名前があることを知り、大変驚きました。高橋氏の男女平等に対する認識や、それに関わる発言、彼の名によって発表された文書などは、ことごとく東京都男女平等参画条例に反するものといわざるを得ません。そのような人物が「東京都男女平等参画審議会」委員として加わることは、今後の東京都の男女平等参画施策の行く末に、大きな問題を引き起こすのではないかと憂慮します。・・・・』

http://www.ajwrc.org/modules/news/article.php?storyid=110


高橋史朗さんは「純潔系」だと思う。
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:22
『県の方では、第二次男女共同参画基本計画を受け、福井県生活学習館(男女共同参画センターに相当)にある図書の見直しが起きている。
 
同館には、県の男女共同参画推進課がおかれ、年間を通じてさまざまな研修や講演会などが実施される。一階の書籍コーナーには二千冊余りの書籍がある。

近藤推進員は、そこに置いてあった『ジェンダーを科学する―男女共同参画社会を実現するために』(松本伊瑳子・金子篤子編)を手にしたところ、その過激な内容に驚きを覚えたという。

同書は、まず「近代資本主義社会が成立するにしたがって、女性たちは家庭の中に囲い込まれる生活を半ば強制されてきた」とし、家事・育児を「人間の『再生産』に携わる仕事」と表現。

また「<母性>は社会維持に必要な制度であり、近代資本主義社会というイデオロギーの要請上できあがったものであった」とし、「これは女性に結婚を強制し、女性を母性の中に閉じ込め囲い込む社会的装置、〈強制的異性愛〉でもある」などと書かれている。
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:22
さらに、同性愛者カップルの結婚の可能性について述べ「父、母、子で成り立つ家庭を築くことは、必ずしも人間の使命ではなく、ましてや本能でもない」と訴えている。

近藤推進員は、家族解体まで目指す本を県の予算で運営する生活学習館に置くのは理解できないとして、福井県男女共同参画条例の第九条に基づき、昨年十一月、西川一誠知事あてに苦情申出書を提出。同書を含め幾つかの過激な図書の排除を要請した。

これに対して、男女参画・県民活動課の宇野真理子課長(当時)は「男女共同参画に関する考え方についてはさまざまなものがあり、それらに関する情報の提供は学習するうえで必要である」と書面で回答していた。

近藤推進員は、この宇野課長の回答にショックを受ける一方、同学習館にどのような図書が置かれているのか一日がかりで調査。

その結果、ジェンダーフリーを掲げるものが九冊、「男でもなく女でもなく」「専業主婦が消える日」「優しい去勢のために」「完全離婚マニュアル」など、およそ男女共同参画とは無縁の書物が多数あることに気付き、その必要性が非常に疑問視される書籍リストを作成。県議会議員や地元紙などに問題提起してきた。
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:22
こうした中で今年三月、この種の書物、約百五十冊が同センターの書棚から排除されたのである(別表参照)。過激なフェミニスト、上野千鶴子・東大教授の本では、『スカートの下の劇場』など十冊が排除本とされた。


宇野前課長(現在、総務部企画幹)は、本紙の取材に対して「政府の基本計画改定で、男女共同参画が目指す方向がより明確になった。それを受けての措置」と述べ、「今後も県民の声に耳を傾けながら柔軟に対応したい」と語った。

本家明美・男女共同参画推進課長は「宇野課長(当時)から排除するように指示があった。排除した本は、一般の人の目に留まらない倉庫のようなところにある」としている。

近藤推進員は、「政府や自民党は、基本計画改定に基づき地方の男女共同参画センターの書籍や講師選びが適切に行われているか、もっとチェックすべきだ」と述べる。

福井市の小学四年用副読本も、状況の変化を受け、適切な内容にするために抜本的な改定を行うことが求められている。(サンデー世界日報4月30日号より) 』

県側は過激図書を排除 県センターの150冊対象に
http://www.worldtimes.co.jp/wtop/education/060428/02.html
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:23
排除された本の著者には見慣れた名前がいっぱい。排除を推進した人たちの裏には、僕たち日本人をアホにしようと目論む「反日勢力」がいる気がする。「反日勢力の謀略」の臭いがする。「反日勢力の陰謀」の臭いがぷんぷん。西尾幹二さんや八木秀次さん(最近お二人仲悪いようだけど)が言ってたように「共○主義者」が役所に入り込んでて恐ろしいことを企んでるような気もする。

「世界日報」さんが、決死の覚悟で報道してくれた。普段はいつも、というかときには大ボケかましてまでも、アンチジェンフリ、アンチフェミ、アンチリベラルなのに、今回は「日本人をアホにしようと目論む反日勢力の陰謀」を阻止するために告発してくれた。
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:24
また「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」との考え方について日本は「賛成」が57.1%と最高で、最低のスウェーデンは8.6%だった。「子供を産みやすい国か」との質問に、日本は「とても」と「どちらかといえば」を合わせた肯定的な回答が47.6%。韓国は18.6%で最低だった。スウェーデン(97.7%)、米国(78.2%)、フランス(68.0%)は肯定的な回答が多かった。

「子供増やしたい」日本が最低 国際調査 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060427-00000137-mai-soci
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:25
育児における役割分担でも、日韓と、それ以外の3か国で違いが目立った。日韓は「もっぱら妻が行う」と「主に妻が行う」を合わせると7割近くに達した。スウェーデンは「妻も夫も同じように」が9割強で、米仏も同じ考えが半数を超えた。

「3歳までは保育所を利用せず、母親が世話すべきだ」という意見をどう思うか聞いたところ、日本は7割近く、韓国も8割以上が賛成したが、スウェーデンは反対が7割近くだった。

1人の女性が生涯に産む子供の数(合計特殊出生率)をみると、日本は1・29(04年)で、韓国が1・19(03年)、米国2・04(同)、仏1・89(同)、スウェーデン1・71(同)となっている。

内閣府は「出生率の低い日韓と、高い米国、フランス、スウェーデンには、制度面だけでなく、国民の意識そのものにも大きな違いがあることが分かった。今後の少子化対策に反映させていきたい」としている。(2006年4月28日 読売新聞)

http://www.usetm.com/jp/news/viewarticle.asp?id=907
Commented by mudaidesu at 2006-05-13 01:27
「女性に対する暴力」に関する調査研究 
http://www.gender.go.jp/dv/research-index.html



33%の女性がDV被害・内閣府調査
 
夫やパートナーから暴行や精神的な嫌がらせなど「ドメスティック・バイオレンス(DV)」の被害を受けたことのある女性が33.2%に上ることが14日、内閣府の調査で明らかになった。

調査は昨年11月から12月にかけて全国の20歳以上の男女計4500人に実施した。有効回答率は64.2%。

結婚経験(事実婚を含む)のある女性のうち配偶者から身体的暴行を受けたのは26.7%で、「人格を否定するような暴言など精神的な嫌がらせや脅迫」は16.1%、「性的行為の強要」も15.2%。このうち、いずれか一つでも被害を受けたことが「何度もあった」女性は10.6%で、「1、2度あった」女性は22.6%。

被害を受けた女性のうち「別れたいと思ったが、別れなかった」人が43.2%で最多。別れなかった理由は「経済的な不安」が27.7%で最も多かった。 (22:00)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20060414AT1G1403614042006.html
Commented by 村野瀬玲奈 at 2006-05-13 13:34 x
mudaidesuさん、こんにちは。いつもながら冴えてますね。「サンスポ」を料理する包丁さばきといい、その後の世論調査の資料の引用といい、ほれぼれします。

ひとつ思い出したのですが、いつか、どこかの図書館の司書が、右翼系の本(「つくる会」系の本だったかな、わすれちゃった。)が有害であると考えて処分しちゃった、ということがあり、右派系のマスメディアはこの件について、言論の自由に対する弾圧だとかなんだとか総攻撃してませんでしたっけ。(その時の攻撃の正確な内容は覚えていませんが、どういう内容であれ、攻撃であることに変わりはない。)
Commented by mudaidesu at 2006-05-15 01:04
愚痴です愚痴(笑)

>「つくる会」系の本だったかな

あれは変なことした司書の人がおかしかったですね。というか、批判する人たちのためにもそういう本を置いておいてよ、って思いました。買うのヤダし(笑)。って、どうせ、私はそこまでちゃんとチェックしませんけど(笑)。

さすがに↑の福井の話を大っぴらに喜ぶメディアや政治家や知識人はあまりいないような気がします。内心はアレでも。「つくる会本」のときはアレな司書が暴走しちゃっただけですけど、↑のは話は行政が正規の手続き(?)でアレですからね。こわいです。

このネタは

こういうご都合主義はちょっとイヤなのだ。
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060502/p3#seemore

経由なんですが、基本的な話はそちらにまかせますが、まあ何度も似たようなこと書いてますが、我々への弾圧は許せないけど、敵への弾圧は許せるみたいなダブスタ&ご都合主義は右の宿命ですからしょうがないというかなんというか。(もちろん左にもありますし、私を含めて誰にもそういうのはありますから、まあ自覚くらいはしたいですねえ、くらいでしょうか(笑)。)
Commented by mudaidesu at 2006-05-15 01:05
好きだ、宮崎あおい  (また宮崎あおいですが(笑))
http://mudaimudai.exblog.jp/3289036/

のコメント欄その他で似たようなこと書いてますが、これも同じような話かなと。右や保守は「我々は永遠に我々。彼らは永遠に彼ら」で「我々」と「彼ら」の交換可能性を認識せず、みたいな。


↑の「素人女」や「妻や娘」の話にも似たようなところがあって、「自分の妻や娘」の性は管理したいけど、「他人の妻や娘」とはヤリたい、みたいなノリありますよね(笑)。これって世間一般の人たちが「保守」の感覚を素朴に体現してたりすると思います(笑)。


ま、このサンスポの記事は、広告主すらもしっかり批判するというジャーナリズム魂を示したということにしときましょう(笑)。
Commented by hamnidak at 2006-05-15 18:00
>「まじめに働く」女性や男性有権者の一部にも嫌悪感や批判が広がり

というサンスポの記事の部分を

「まじめに(カルト宗教のために)働く」女性や(もてないことを純潔に言い換えている)男性有権者の一部にも嫌悪感や批判が広がり

に“つい”変えたくなっちゃいました。

福井県の事件は、いったいどんな本が“焚書”の対象になったんだろう?と気になっていましたが、世界日報が一部ですが報じているんですね。いやー、さすが世界日報。(←棒読み)

ところで、純潔と純血という表記が使われていますけど、わざとですか?どちらも根は同じでしょうけどね。
Commented by mudaidesu at 2006-05-15 22:25
>純潔と純血

大ボケ(笑)。「じゅんけつ」で出てきたのが「純血」だったんで何も考えずにそのままだったのかなと。面倒なんでそのままで(笑)。あいかわらずボケてる私です(笑)。というか「純血」でもなんか違和感ないですよね。


>“焚書”

「主なリスト」で記事に出てるのは、あっち系の人たちにとって「過激なタイトル&副題」のものばかりですね(笑)。


>(もてないことを純潔に言い換えている)男性有権者

そんな人ほんとにいるんですか(笑)。都市伝説っぽい(笑)。まあ本人がそう思って自分は純潔だと言ったり選択するのは勝手なんですが、性教育ダメとかいって日本の青少年たちを困難な目にあわせないでくれよですね。

ところで、福井の自民党議員には山谷えり子さんと稲田朋美さん(「宮崎おあい本」http://mudaimudai.exblog.jp/3385580/ のコメント欄参照。またですが(笑))がいるんですよね。ついでに、高市早苗さんのダンナ(これも「宮崎あおい本」コメント欄参照(笑))も福井だったり。


あとサンスポですが、エロ充実ってのは差別化だと思うんですよね。日刊スポーツ&スポニチの両雄と戦うための(笑)。
Commented by mudaidesu at 2006-05-15 23:22
というか今思い出したんですが、前に知り合いに「まだアレなんだけど」と相談されたことがあったんですが、「ま、それもオツなもんじゃない」みたいなテキトー返答しちゃった覚えが(笑)(そんなによく知ってる人じゃなかったし)。これってある意味「純潔正当化論」みたいなもんですかね。まあ個人個人は好きにしてよってことですが。

というかいろいろ思い出してきました。そのときは社会的な文脈で考えなかったんですが、今思うと典型的な人だったかもしれません。純粋で自信家で夢見る人。そこらの女性を見下してたり、すぐ女性のルックスにケチつけたり(てめーはどーなんだと)。そのくせ、そこらの女性が自分を好きだと思いこんだり。これって昨今の「いわゆる保守」系に走るタイプですよね。どうしてんだろ彼。
Commented by mudaidesu at 2006-05-15 23:23
どっかで見たような気がするんですが、そこそこ年いった人の童貞率が実はすごいって話が(ほんとかどうか知りませんけど)。純潔を志すならそれは勝手なんですが、そうとも言ってらんなくて、ルサンチマンマンになっちゃう人もいるわけで、それはそれでかわいそうなんで、どうにかならないもんかなあと余計なお世話なこと考えちゃったり。

↑の話と同じで、女性が純潔でもこの人たちは得しないですよね。逆に女性が超積極的な方が得だと思うんですが(フォビアだったりしたら逆効果でしょうか)。やっぱ多様性を尊重する系を支持すべきですよね。というか、保守おじさんは救ってくれないですよね。「風俗行ってこい」になるんでしょうか。これ系の保守おじさん(素朴系・旧型保守系)は純潔系(イデオロギー系・新型保守系)とはまた違いますね。素人女&娘の純潔では一致しても。
Commented by hamnidak at 2006-05-16 11:21
いや~、純潔も純血も似たようなもんだから、どっちでもいいんじゃないですかね?

↓これは以前、純潔キャンディーをネタにしたとき(http://hamnidak.exblog.jp/2970427/)みつけたサイトです。

http://www32.ocn.ne.jp/~junketsuundou/
日本青少年純潔運動本部

http://www.aptf.gr.jp/
真の家庭運動推進協議会

もちろん、世界日報と同じ系列です。かなりアレというか、純潔を訴える人の心理がますますわからなくなったというか、わかりたくもない…。まぁ、純潔を守らせる側の目的は合同結婚式の正当化ですかね?

ところで福井県のお歴々ってスゴいんですね。でも稲田朋美って誰?と思ってググっちゃいました。ウィキペディアを見ると、おぉ、クライン孝子・山谷えり子参議院議員から説得を受け出馬を決意した刺客候補だったんですね。いや、なかなか香ばしい経歴をお持ちでいらっしゃる(笑えねー)。
Commented by mudaidesu at 2006-05-16 22:13
「淫乱」はツボでした(笑)。サンスポも「淫乱サイト」なんでしょうか。エロいというよりヤラしいですね(笑)。エロはかわいいかんじがしますけど、淫乱はドロドロしたかんじがします。

というか、 hamnidakさん、純潔に詳しすぎ(笑)。やっぱ、韓国にゆかりがあるってことからなんでしょうか(笑)。

そういや私も純潔系の話をちょっとだけ書いたんですよね。

「ミュンヘン」とか宗教右派とか他のこととか
http://mudaimudai.exblog.jp/3144008

アメリカの話なんですが、純潔に関してはそんなにイデオロギッシュではなかったような気がしますけど。私のような他人にケチつける人もいなかったし、内緒でヤってる奴もいたし、それがバレてても大目に見られてたような気もしますし。日韓の純潔系のみなさんはバレたらどうなんでしょう?

Commented by mudaidesu at 2006-05-23 20:19
図書隠蔽事件に関する住民監査請求(福井県)&抗議文/新聞各紙の関連記事(5/12)
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/
43a144fe5b40e53fc012fafe5cb00e21

速報!図書隠蔽事件で「公開質問状」提出/市民オンブズマン福井
http://blog.goo.ne.jp/midorinet002/e/
e5262bc9f890658c989770b5885440b6

『5月15日(月)に、福井県は150冊の本を生活学習館の書架に戻しました。』
Commented by hamnidak at 2006-05-25 16:32
今日の世界日報の社説は、福井県の顛末に怒っています。
http://www.worldtimes.co.jp/syasetu/sh060525.htm

それをネタに今日のエントリーを書いたのですが、途中でキモチ悪くなってしまいました(吐)。
mudaidesuさんがネットウヨの言説を読んで怖くなったり、疲れたりするのと似たような感覚でしょうか。

あと日韓の純潔系の人がバレたらとの質問ですが、どうなるのかわかりません。返事が遅くなったうえに、答えになっていないので申し訳ないのですが、どうなんでしょうね。

想像するに、本人達にツライ結果になっていそうです。いや、アクマでも想像なんですけども、どうも“大目に見る”とかできそうもない感じなんで。
Commented by mudaidesu at 2006-05-25 23:03
>[ネットウヨの言説を読んで怖くなったり、疲れたりするのと]

最初は衝撃でしたねえ。スンヨプのところで書いたんですが、日本人もこんなこと言うんだあ、みたいな。日本人を美化しすぎてたのかも(笑)。

ま、ここ数年は慣れちゃって麻痺しちゃいましたけど(笑)。「ネットウヨ」さんたちは煽られちゃってる方々でしょうし、気持ちもわからんでもないんで、まあしゃーねーかなあみたいなかんじですねえ。

というか、小林よしのりさんを最初に読んだときはちょっと驚きました。こんなに感情的で攻撃的で煽動的な政治的言説が世の中にはあるのかあと(おもろいとも思いました)。無味乾燥な社会科学本とかばかり読んでたんで。いろいろ目を配るようになったら日本中にそういうのがゴロゴロしてました。ある意味、視野が広がりました(笑)。


>[途中でキモチ悪くなってしまいました(吐)]

大丈夫でしょうか(笑)。でもそれってまだまだ麻痺してない証拠かと(笑)。


>[純潔]

またふと思ったんですが、入信するときは別に純潔である必要はないんですかね?それとも、純潔じゃない人は入信できないとか。ってそんなことはないですよね。
Commented by hamnidak at 2006-05-26 10:22
私の場合、まだ麻痺していないというか、単に体質に合わないのかも(笑)。読んでるうちに意味がぜんぜん拾えなくなって、やがて単なる文字の羅列のように感じられてくるんですよ。しまいには日本語なのに初めて見る外国の文字のように感じられてきたりとか。

だから嫌韓サイトとかも見るだけで疲労困憊になってしまうので、いつも「韓国人、嫌韓を見る」を参考にしています。(←コンジョーなし)

関係ないかもしれませんが、私はスザンヌ・ヴェガって耳に入ってくるだけで疲れてしまうので、あんな感じかもしれません。

>>[純潔]

そうですよねー。壺とか手相とかで寄って来た人に「私はもう純潔じゃないんですけど」って言ってもダメそうですよねー。もしかして「純潔部門」とか「カネ部門」とか「広報部門」とか「権力部門」とかって分けられてるのかもしれませんね。

洗脳してみて、コイツは「純潔」、アイツは「武闘派」とかって…。
Commented by mudaidesu at 2006-05-26 22:24
>[やがて単なる文字の羅列のように感じられてくるんですよ]

あの社説を読んだときは、私もそんなかんじでした(笑)。なんか宇宙の彼方を眺めてるような気分になりました。ってそれじゃポジティブな気分っぽいですね。「ソラリス」ってかんじがしたような。


>(←コンジョーなし)

そもそも私なんてほとんど嫌韓関係見てないですよ(笑)。ろくに見ないで表層を語る私です(笑)。脳内コリアで語る嫌韓さんの文句言えません(笑)。数年前は好奇心で見まくりましたけどすぐ飽きました(笑)。最近は、目に入ったときくらいにしか見ないですねえ。って意味不明ですが。


>「韓国人、嫌韓を見る」

というか、そこ見てみましたけどすごいですね。日本語も私よりはるかに流暢(笑)。


>スザンヌ・ヴェガ

麦茶飲みながらコメント読んでたんですが、なんだか知りませんけど、いきなり吹き出しちゃいましたよ。いきなりスザンヌ・ヴェガかよ!と。かなり意表つかれました(笑)。
Commented by mudaidesu at 2006-05-26 22:26
なんかわかるような気もします(笑)。私、アメリカで彼女のライブ観たことあるんですよ。付き合いで行ったんですが、ライブはけっこう派手(な音)でかなりかっこよかったです(笑)。たしかに初期の頃のはドロドロしてるようなかんじがしないでもないですね。「微熱」ってアルバムはかっこいいと思いましたけど。


>[コイツは「純潔」、アイツは「武闘派」とかって]

ウケました(笑)。思ったんですが、どうも私はあらゆる新興宗教にうといみたいで、周りにいなかったし触れたこともないみたいなんですよねえ。ある意味、純潔です(笑)。学会すらそうなんです。又聞きしかなくて。世間知らず(笑)。だからどういう世界なんだかいまいちイメージがわかないんですよねえ。
Commented by mudaidesu at 2006-05-26 22:29
ところで思い出したんですが、「ワールドカップのせいで嫌韓に」みたいな言説がありますよね。2ちゃんの海外サッカー板に「ようやくしおらしくなってきた韓国サッカー」っていう元祖嫌韓スレが昔からあったみたいなんですが(日本の方が若手が育ってる!みたいな強がりみたいのが多かったような。今現在日本の若手はお寒い限りですが)、韓国イタリア戦後にそのスレを覗いてみたんです(←アホ)。2ちゃんはファナティックな嫌韓全開だったんですが、そのスレのノリは違ってました。「悔しいけど韓国すげーマジすげー」みたいノリ。

「ワールドカップのせいで嫌韓に」みたいなのは嫌韓正当化のための言説ですが(正当化になってませんが)、嫌韓の質的変化が起こったのはたしかにあのあたりのような気がします。それまでの嫌韓(も酷かったですが)はもう少し理性があったしやってることを自覚しながらのネタみたいなところがあったかもと。

ついでに、私も試合前は韓国負けちめーって思ってたんですが、試合見てたら韓国がすごすぎるんで韓国応援しちゃってました(←単純)。
Commented by hamnidak at 2006-05-27 21:23
やっぱり、日本語でありながら理解できない日本語ってありますよね。「韓国人、嫌韓を見る」の管理人さんなんて、外国語である日本語を使って、日本語が通じない相手にコミュニケーションとってますからねぇ。私には絶対できねー。

>>スザンヌ・ヴェガ

なんか苦手なんですよ。彼女が創価学会員だって知る前から苦手でしたから、生理的なモンですかね。CMなんかに使われてると、「えぇ、なんで?」と思っちゃいます。そこそこ世間の評判はいいのに、私には理解できない映画をよく「スザンヌ・ヴェガみたいな映画」と言ってしまいます。
Commented by mudaidesu at 2006-05-28 23:33
>[外国語である日本語を使って]

すごいし感嘆しまくりなんですが、外国人ならではってところもあるかもしれません。好奇心。私も反日さんとかKKKさんとかネオナチさんとかとコミュニケーションしてみたいかもとか思ったりしますし。ネットであんな風にやるのはメンドーだしそもそも能力がないですからありえないですけど(それをやっちゃうところがあの方のすごさですね)。

意見や考えの違いとかそういう次元じゃなくて、そもそも話が全然通じねー、前提や常識や価値観がまったく共有できてねー、こっちはそっちの前提&論理を理解してんのにそっちはこっちの前提&論理をまったくわかってねー、みたいなコミュニケーションの経験なんてあんまりないですからねえ。アメリカの宗教右派の方々のこと書きましたけど、彼らとは普通に交流できましたもん。話が全然できないのはパレスチナ問題くらいだったような。

ところで、私は韓国人だろうと中国人だろうと「反日さん」なんて会ったことないんですが、 hamnidakさんはどうです?さすがに韓国にいると、たまには嫌韓さん並みの反日さんに出会ったりするんでしょうか(笑)?脳内ジャパン全開だったりとか。
Commented by mudaidesu at 2006-05-28 23:35
>スザンヌ・ヴェガ

私もあのアカペラの曲とかはどうかと思います。かっこいいと思ったのはインダストリアル・ロック風?のとかですね。初期のアコースティックなのとかは私にはちょっと重いです。


>創価学会員

そういや、ライブでも「zen」がどうたら言ってたような。学会とzenの関係はわかりませんけど。

ニューヨーク界隈って彼女みたいな人けっこういるんですよね。プチインテリアート系で東洋趣味。簡単に分けると2種類あって、エギゾチックエイジア&精神世界系と、ポップでクールでかっこいいエイジアンポップカルチャー系(ピチカート・ファイブあたりが象徴)。前者が内面系で後者が表面系。まあどっちもオリエンタリズムなんですが。

そういや、「ブレードランナー」なんてポストモダン?東洋趣味の走りで、あのあたりから↑の二つの系列に分岐したんじゃないでしょうか(←テキトー)。いや、走りはジギー・スターダストの人でしょうか(笑)。


>スザンヌ・ヴェガみたいな映画

なんかすばらしい表現です(笑)。村上春樹っぽい。すごいです。微妙さかげんも絶妙だし。私も私なりにそういう表現考えたいです(笑)。
Commented by hamnidak at 2006-05-30 16:19
>「反日さん」

実は私も会ったことないんですよ。
ま、韓国語のネット上には生息していらっしゃるみたいなんですが、日本ほどヒドくないし(もっともそれほど熱心にネット検索してませんけど)、実物に会ったことはないです。ま、「反日さん」はあえて日本人に近づいてこないのかもしれません。

ま、無理やり身近な「反日さん」をあげるとすると、大学院の友だちで、酒の席のたびに“歴史論争”をふっかけてくるヤツがいて、後輩たちは「あの二人の席を絶対に近づけるな」とかって気を使っていたらしいんですけど、そいつとは一つのアイスクリームを二人で食べるほど仲良かったですから。それにそいつは口では「日本は嫌いだ」とか言いながら、村上春樹のファンなんですよ。ダッセー。

あ、あと、大学院で中国に行ったとき、飛行機を降りる前に教授(韓国人)から「日本人は中国に入国禁止になったんだ」とかってベタなギャグをかまされたことがあります。

う~ん、そのくらいですかね~。あと思い出したらまた書きます。
Commented by mudaidesu at 2006-05-30 22:02
>[会ったことないんですよ]

韓国にいてもそうなんですか(笑)。


>[酒の席のたびに“歴史論争”をふっかけてくるヤツがいて]

酒飲むと兵役の愚痴ばっかになる人たちは何人もいました(笑)。というか、韓国人って年上だとみょーにパターナリスティック(って表現はこの場合おかしいですが)になって、兵役の話しながら説教しだす人らがいましたよ(笑)。


でもおもしろいのは、コミュニケーションする言語によって、人間関係って変わることです。日本語だったら年上には多少遠慮して話しますけど、英語だとそんな遠慮全然しなかったり。英語だと先生に対しても年上に対してもみょーに態度がでかくなったり。内心、日本語だったらこんな態度で絶対話さないだろうなあとか思いながら。これって、日本語ができるアメリカ人とかでもそうなんですよね。英語だと態度でかいのに、日本語だったら腰低くなったり敬語使ってきたり(気持ち悪すぎ)。韓国語も日本語みたいなもんですかね?
Commented by mudaidesu at 2006-05-30 22:03
>[村上春樹のファン]

村上春樹(と吉本ばなな)は東北アジアでは大人気ですよねえ。


>[ベタなギャグ]

そういう人種民族ギャクは好きです。黒人のスタンドアップ・コメディとかすごいです。私も内輪ではかなり際どいこと言ってます(笑)。嫌韓も最初はそんなかんじで始まったんじゃないかなあとか思ってます。でも、マジな人たちが入り込んできてああなっちゃったのかなあと。
Commented by hamnidak at 2006-05-31 19:15
>兵役の愚痴

なんか嫌で嫌で嫌でたまらなかった軍隊での話を、軍隊に行かなくてもいい外国人や女性にその話を(一部脚色)してうっぷんをはらしているみたいですよ。で、韓国女性から見た「男がするこんな話はイヤだ」の順位が

3位 サッカーの話
2位 軍隊の話
1位 軍隊でサッカーをした話

だったそうです。以前は韓国人女性のほとんどはサッカーがキライで、ルールも知らなかったのですが、2002年のW杯からサッカー好きの女性(でもルールはやっぱり知らない)女性が増えたようです。でも、っつーことは、女性の前で軍隊の話をする男はやっぱり嫌われてるんですね。ま、外国人としては、女性に嫌われてる韓国男子の愚痴に付き合うしかないんでしょうが。


>韓国語も日本語みたいなもんですかね?

はい。韓国語も敬語表現がありますから、腰低いですよ(笑)。でも年上からは尊大な態度と言葉遣いをされます。
あと、二人称(you)があるにはあるんですが、よっぽど親しいか、ケンカするときしか使われません。たいていは名前で呼びます。こんなトコもちょっと日本語と似てますね。
Commented by mudaidesu at 2006-06-01 00:03
>[外国人や女性にその話を(一部脚色)してうっぷんをはらしているみたい]

そんなところでしょうねえ。韓国人の男同士で傷を舐めあうことも多いようですね。そういえば、在日米軍だったアメリカ人にもたくさん会いました。


>[こんな話はイヤだ]

世界中のどこの女性もそういうのイヤでしょうねえ(笑)。やっぱ軍隊ネタとスポーツネタはうざいみたい。


>[外国人としては、女性に嫌われてる韓国男子の愚痴に付き合うしかない]

私は全然つきあってなかったですよ(笑)。うるせーよ、あきたよそういうの、おまえらで勝手にやってろよ、とか言って容赦なかったです(やさしさなし)(笑)。年上のにーちゃんばかりだったのに態度バカでかい私です。


韓国人の男って日本のおっさんっぽい人多いような。やっぱ似てますよね日韓の男って。他のところでも書きましたけど、どー考えても当然、世界中見渡して、日本人に一番いろんな意味で近いのは韓国人ですよね(笑)。


>[腰低いですよ・・でも年上からは尊大な態度と言葉遣い]

なんかストレスたまりそうですね(笑)。日本人はそこそこ慣れてるから大丈夫なんでしょうか(笑)。
Commented by mudaidesu at 2006-06-01 00:03
でもこういう話って加減や線引きが難しいですよね。内輪ではガンガン暴走できますけど、前提を共有しない人に話したりネットで書いたりすると、テキストが一人歩きして偏見生産に荷担しちゃうことになったりするかもしれませんし。

↑で書いたように、初期の嫌韓にもそういうところがあったのかなあと。実際韓国人を知ってる人たちのネタや愚痴をベタに受け取っちゃった人がいたりして。マジレイシスがそういうの利用したり。その後は国際情勢もアレだったり、日本社会もダウン状態だったり、なんだかんだでネガティブスパイラルみたいな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< マガジン9条の雨宮処凛インタビュー メインページ 宮崎あおい本 >>